• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

バイきんぐがトルコのお風呂で珍体験!? 爆笑の1ドル放浪旅

 加藤浩次、SHELLYの司会で送る『世界に飛び出せ!ワンダラー』(フジテレビ系)が25日(日)、後4・05から放送される。

 この番組は放浪者=ワンダラーとなった芸能人が、海外で行き当たりばったりの旅をしながら“1ドル(約100円)で何ができるか”を探していく放浪バラエティ。

 国連の調査では世界の5人に1人が1日1ドル以下で生活しているというデータがあるというが、実際のところはどうなのか、旅人となった庄司智春、南海キャンディーズ・しずちゃん、菊地亜美、バイきんぐがそれぞれ海外ロケでその実情を体験していく。

 庄司が30時間かけて訪れたのは西アフリカの平和の国・セネガル。地元の人気スポットの遊園地で現地の遊具を体験し、立ち寄った村では子供たちと交流を図りながら1ドルでできることを探していく。

「お金の大切さもあらためて勉強できたので、自分の子供にも教えてやりたい」と旅を振り返った庄司だが、現地の子供たちが答えた「1ドルあったら欲しいもの」とは?

 バイきんぐの2人はトルコへ向かい、現地で出会った方の家への突撃訪問や、トルコ式風呂のハマムなど貴重な体験を。「トルコ人の優しさに触れて欲しいですね」と、親日国・トルコの魅力を全身で感じた2人の怒涛の1ドル探しの旅はどう展開していくのか?

 さらにアジア・ベトナム編では、しずちゃんと菊地がホーチミンへ。バイクタクシーや、白髪抜き、水上マーケットなど日本では考えられないような1ドル体験をしていく。

 収録後「今はジュースも自動販売機で100円で買えないじゃないですか。各国によって全然価値が違うっていうことを知って、100円を我々は簡単に考えすぎていたなと思いましたね。番組、ぜひ、第二弾もやりたいですね」(加藤)、「100円の価値を見直すきっかけにもなりましたし、幸せ自体なんなんだろうって思い直しました。日本にいる私たちは、果たして本当に幸せなのか?って。家族とちゃんと向き合おうとか、そこまで感じてもらえる番組だなと思いました」(SHELLY)と振り返ったMCの2人。

 文化、食事、国民性など1ドルから見る世界情勢、偶然と発見が詰まった芸能人の爆笑放浪映像は必見だ。

『世界に飛び出せ!ワンダラー』(フジテレビ系)は25日(日)後4・05から放送。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える