• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

時任三郎が紐倉(山下智久)の過去を知る元上司役で『インハンド』第5話から登場

©TBS

©TBS

 山下智久主演『インハンド』(TBS系)の5月10日(金)放送の第5話から、時任三郎が出演することが決定した。

 本作は、山下演じる右手が義手の天才科学者・紐倉哲と濱田岳演じるお人好しの助手・高家春馬、菜々緒演じる美人官僚・牧野巴の凸凹トリオが、科学が巻き起こすさまざまな事件を爽快に解決していくヒューマンサイエンスミステリー。

 第5話からドラマ後半のカギを握る重要人物・福山和成役で時任三郎の出演が決定した。時任が演じるのは、最先端の科学技術を駆使したビジネスで世界中から注目されている会社のCEOという役どころ。現在はビジネスで大成功している福山だが、紐倉がCDC(アメリカ疫病予防管理センター)で働いていた頃の元上司で、紐倉の過去を知る人物だ。

 福山が登場する第5話では、ついに紐倉の義手の秘密が明かされる。紐倉の過去をひもとく上で重要となるのが、5年前にある国で起きた恐ろしい事件。このシーンは、沖縄で大規模ロケを敢行。ジャングルなど過酷な環境での撮影も多かったが、時任と山下は初共演とは思えないほど息ぴったりの演技で、上司と部下の関係を体現した。沖縄で撮影されたこのシーンは、見応えたっぷりの仕上がりに。5年前に起きた恐ろしい事件の真相、そして紐倉の義手の秘密とは…?

<時任三郎コメント>
一般的にはあまり知られていない寄生虫のことがストーリーに織り込まれている『インハンド』は、とても斬新で面白い作品だと思っていました。その中でクスッと笑えるところもあったり、とてもいいチームワークを画面からも感じていたので、そんな作品に参加できて光栄に思っています。
山下君とは今回が初共演ですが、僕が演じる福山は紐倉の過去を知る人物として絡みも多いので、楽しくご一緒させていただいています。劇中では紐倉をクールに演じられていますが、沖縄ロケの合間には現地の子供たちととても楽しそうに遊んでいて、その時の朗らかで優しい笑顔が印象的でした。そんな山下君演じる紐倉に福山がどのように絡んで、結末にどう関与していくのか、ぜひ楽しみにご覧ください。

<プロデューサー・浅野敦也コメント>
5話はとても重要な回です。封印された大事件、義手の謎、今の紐倉の言動の秘密…と全てが明らかになっていきます。5話までが言わばインハンド第1章、6話以降は新たな第2章という位置づけになると思っています。“福山和成”は、その5話で紐倉の信頼していた上司として登場し、以降最終回まで紐倉たちの運命を大きく変えていく、物語の芯となる重要な役です。だからこそ誠実かつ人間味あふれるお芝居をされる名優の時任三郎さんにお願いしました。紐倉はクールで唯我独尊な男ですが、福山は優しい微笑みを湛える組織のリーダー。でも実は紐倉以上に謎を抱えている人物でもあります。時任さんの微笑みの裏に何が隠されているのか…中盤から最終回までの福山のストーリーにもご期待ください!

金曜ドラマ『インハンド』
TBS系
毎週金曜 後10・00~10・54

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える