• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ラルクhyde「またここで会おうね」国立競技場の歴史にピリオド

 5月31日に56年の歴史に幕を閉じる国立競技場。その最後の音楽イベントとして、28日と29日の2日に渡り、「SAYONARA国立競技場FINAL WEEK JAPAN NIGHT」が開催された。

 1日目の28日は「Yell for Japan」をコンセプトに、これまでさまざまなかたちで日本にエールを送ってきたアーティスト総勢9組が登場。29日は「Japan to the World」をコンセプトとし、日本の音楽を世界の人々に積極的に発信しているアーティストなど、日本を代表するアーティストたちが集結した。

 このイベントで大トリを務めたのは、今年3月にも国立競技場で単独ライブを行ったL’Arc~en~Ciel。集まった観客に大声援で迎えられ、「CHESE」「READY STEADY GO」を続けて披露。「最後の舞台に上がれてとても光栄です。みんな今日は悔いのないようにはじけようぜ!」とボーカルのhydeが煽り、「DRINK IT DOWN」「XXX」など、ファンとのコール&レスポンスも交えながら6曲を熱唱。

「ここまで開放的な風景は見納めだと思うので、しっかり目に焼き付けて帰ってほしいです。長く感動を届けた国立の歴史に感謝の気持ちと、生まれ変わる未来に夢を乗せて演奏します。」と、最後の曲「MY HEART DREAMS A DREAM」を6万人のファンと大合唱。国立の未来に“夢”を描き、「またここで会おうね」と、国立競技場の歴史にピリオドを打った。

5月28日「Yell for Japan」出演アーティスト
1.スキマスイッチ
2.ファンキー加藤
3.ナオト・インティライミ
4.岸谷香
5.ゴスペラーズ
6.ゆず
7.斉藤和義
8.ウカスカジー
9.いきものがかり

5月29日「Japan to the World」出演アーティスト
1.MAN WITH A MISSION
2.SEKAI NO OWARI
3.Perfume
4.L’Arc~en~Ciel

JAPAN NIGHT公式HP(http://www.japannight.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える