• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

小芝風花がラップでゾンビを倒す!?『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』ドラマ化

『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』 小芝風花が、テレビ朝日系で2夜連続放送されるスペシャルドラマ『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』(7月12日(金)、13日(土)後11・15ほか)に主演する。

 原作は、漫画家・インカ帝国が電子コミックサービス「LINEマンガ」で連載中の「ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画」。噛まれて感染するとゾンビになり、生き残った人間たちにラップバトルを仕掛けるようになる謎のウイルス“RAPウイルス”が蔓延した世界が舞台のコメディホラー。

 小芝が演じるのは、茨城県在住の地味目な23歳の主人公・稲穂みのり。交際中の彼氏・山之内拓馬がヒップホップにハマりすぎ、どんな時でも韻を踏みたがることにイライラを募らせていたが、その矢先、“RAPウイルス”のパンデミックが発生。ラップを放つゾンビ“ラッパーゾンビ”だらけの恐ろしい終末世界を生き抜くため、みのりは嫌悪していたラップの本質を探り、理解を深めながら、拓馬を救うため思いのたけを込めてライムを刻む。

 これまで「自分からヒップホップ音楽を聴いたことがなくて…」という小芝だが、劇中ではラップバトルに初挑戦。「ラップバトルの動画も見て勉強しているのですが、なかなか難しそう…。ビートにのることに必死になって気持ちがおろそかにならないよう、監督と相談しながら作っていけたら…。とにかく頑張ります!」と誓い、「『こんなん、ありえへんやろ!』っていう、このドラマならではの面白い世界を楽しんでいただけるように頑張って演じていきます!」と意気込んでいる。

<小芝風花(稲穂みのり・役)コメント>
◆オファーを受けたときの心境は?

 最初、“ラップでゾンビを倒す役”だと聞いたので、「えっ!?いったいどういうこと?」とビックリしまして…。すぐに原作コミックを読ませていただき、「こういうことか!」と納得しました(笑)。いままで“ゾンビもの”や“ラップもの”のドラマはありましたが、2つを融合させた作品は初めて!ものすごく面白そうだなと思って、とてもワクワクしています!

◆台本を読んで感じたことは?

 クスッと笑えるところもたくさんあってコメディー要素も強いのですが、私が演じるヒロイン・みのりはウイルスが蔓延した世界で、自分にとっていちばん大事なものは何なのか、気づいていく役柄。なので、根本的には焦りや恐怖など、世界が壊れていくときの人間の心理を大切に演じたいなと思っています。また、みのりは彼の行方を捜すために命の危険を顧みずサバイバルを始めますが、命をかけられるほど好きになれる人に出会えるのってうらやましいなと思うし、みのりの行動力は素敵!個性の強いキャラクターたちに翻弄されながらも、みのりが成長していく過程を真っすぐに演じていきたいです。

◆ラップやヒップホップは好きですか?

 実は、自分からヒップホップ音楽を聴いたことがなくて…。今までまったく触れてこなかった分野なので、今はヒップホップ音楽を聴いたり、動画を見たりして勉強しています。これからラップのことを深く知って、どんどん好きになれたらいいなと思います。
 今回、解禁用ビジュアル撮影のため、カラーエクステを使ったヘアスタイルに挑戦しましたが、こんなハデハデな編み込みは初体験!ヘアメイク中、「どうなるんだろう?」って、興味津々でした。メイクさんが次に何を手に取るのか、予想もつかなくて目が離せなかったです(笑)。ファッション的にも、パーカーが「オーバーすぎるやろ!」っていうぐらいオーバーサイズだったので、ダボっとしたヒップホップスタイルは、ものすごく新鮮でした。

◆ラップバトルにも挑戦しますが、意気込みは?

 ラップバトルの動画も見て勉強しているのですが、なかなか難しそう…。ビートにのることに必死になって気持ちがおろそかにならないよう、監督と相談しながら作っていけたら…。とにかく頑張ります!

◆視聴者へのメッセージをお願いします。

 なにせ主人公を演じるのがラップ未経験者の私なので、ラップを知らない方も、ラップが大好きな方も、温かい目で見ていただけたらうれしいです!私自身、どんな作品になるのか楽しみにしていますし、フラットな感じで見ていただけたら…。「こんなん、ありえへんやろ!」っていう、このドラマならではの面白い世界を楽しんでいただけるように頑張って演じていきます!

<原作『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』作者/インカ帝国 コメント>
 自分の描いた漫画がドラマ化されると聞いて、なんだか夢のようでまるで現実味がなかったのですが、主演の小芝さんが主人公のみのりに扮した写真を見て、ようやく実感が湧いてきて嬉しくなりました。
 小芝さんのような素晴らしい女優さんに主役をやっていただけて、これまで漫画を描いてきて良かったと心から思いました。
 ようやく家族に誇れるような事ができてとてもうれしいです。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える