• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ふぉ~ゆ~越岡裕貴、MADE福士申樹が時代劇に挑戦!「赤と黒 サムライ・魂」会見

舞台「赤と黒 サムライ・魂」 里見浩太朗と京本政樹が初競演する舞台「赤と黒 サムライ・魂」の囲み取材が行われ、里見、京本をはじめ、越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)、福士申樹(MADE/ジャニーズJr.)、小川菜摘、堤下敦(インパルス)が登壇した。

 時代劇スターが、実力派若手俳優たちと共にサムライ・イムズを継承し、今、もっともこの時代にふさわしい“本格的時代劇作品”に挑む本作。劇中では、京本が書き下ろしたテーマ曲「殉愛」が使用される。

 里見は「僕自身も久々の時代劇。こんなに激しい立ち回りがある時代劇自体も本当に久しぶりだなって思います。我々が今までやってきた立ち回りが激しく、人情があって、日本人の心を皆さんの見ていただくのが今回の舞台になります」と。

 さらに「82歳になってこういう舞台に立たせてもらうなんて、思っても見なかったです。京ちゃん(京本)とか若手はすごい立ち回りがあります。稽古の時見ていて大丈夫かな、もうちょっとゆっくりやれよって思った」と語ると、越岡が「もうちょっとゆっくりやったらいいですか?」と。これには、里見は「本番はもっと早くやれよ」と返していた。

 京本は「先生(里見)には、18、19からお世話になっているんですよ。ご一緒させていただくと、10代に戻っちゃう。僕、今年60歳で普段は、僕が最年長なんですけどね(笑)」と。

 同舞台で初時代劇に挑戦する越岡は「初めての時代劇でそれを里見さんと京本さんとできるなんて貴重な経験」と感激。京本に「人生の中で最大の運使い果たしてるよ」と指摘された越岡が「マジですか!これからふぉ~ゆ~で上にいきたいんですけど…」と嘆くと、笑いが起こった。

 稽古場では「所作や刀のさばき方を教えてもらって勉強になっている」と越岡。京本から「V6の岡田准一に目がちょっと似ている」という理由で“岡田君”と呼ばれているという福士と共にキャスト一同和気あいあいとした雰囲気。京本が「岡田君、こっしー、小川(菜摘)さん、皆さんと…」と呼びかけると、すかさず堤下が「俺の名前は?」と反応。その後も『お相撲さん』と京本からイジられ「ちゃんこ番じゃありません」とツッコミを入れた。

 また去り際には、里見が時代劇流の振り向き方を越岡と福士に伝授。里見が呼び止められて振り返る動きをお手本に見せると「かっこいい!」と思わず拍手。福士が動きを真似てみると、京本からは、「けいこでいっぱい見たけど一番いいよ!」と褒められ、「時代劇に足つっこみましたね」と笑顔を見せた。

 舞台「赤と黒 サムライ・魂」は5月25日(土)~5月31日(金)まで東京国際フォーラムで上演。大阪・クールジャパンパーク大阪TTホールで6月5日(水)~6月9日(日)、愛知・東海市芸術劇場で6月21日(金)に上演される。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える