• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

玉森裕太が5年ぶり『世にも奇妙な物語』で音大生に!黒島結菜は天才ピアニスト役で初出演

『世にも奇妙な物語』 Kis-My-Ft2の玉森裕太が、6月8日(土)放送の『世にも奇妙な物語’19雨の特別編』(フジテレビ系)の「さかさま少女のためのピアノソナタ」に主演することが分かった。

 玉森が演じるのは、音楽大学のピアノ科に通うが、コンクールで思うような成績を残せず、将来を迷っている大学生・黒木聖。また、同じ音楽大学に通い数々のコンクールで優勝し、将来を約束された天才ピアニスト・吉野八重を黒島結菜が演じる。玉森は2014年の「ニートな彼とキュートな彼女」以来2度目の『世にも』出演、黒島結菜は初出演となる。

 音楽大学のピアノ科に通う黒木(玉森裕太)は音楽コンクールに挑戦するも良い結果が残せず、天才的才能を披露する同級生・吉野(黒島結菜)と比べ、自分には才能がないのではと落ち込んでいた。

 そんなある日、薄暗い道に見慣れない古本屋を発見する。立ち寄ったその古本屋でふと目に止まった古いドイツ語の楽譜集。その中から落ちてきた赤黒いシミのついた楽譜に何か引かれるものがあり、楽譜の余白に書かれていたドイツ語を翻訳してみる。するとそこには『さかさま少女のためのピアノソナタ』『絶対に弾いてはならない』と書かれていた。

 気になってソナタについての検索を始める黒木。たどり着いたサイトには「この曲をもし弾き間違えたなら、必ずや手を失うだろう」と書かれていた。

 友人の野下(大内田悠平)は鼻で笑うが、黒木はどうしてもその楽譜が気になり、そのピアノソナタに挑戦することを決意。弾き始めると突然まわりの音が消え、ピアノ以外の音が聞こえなくなる。不思議に思いふと見上げると、外で降っていた雨、メトロノームや壁時計の秒針もすべて止まり…。それが天才ピアノ少女にまつわる悲劇の序章だった。

<玉森裕太 コメント>
◆『世にも奇妙な物語』は2014年の「ニートな彼とキュートな彼女」以来5年ぶりですが、出演が決まった感想はいかがですか?

「前回の出演から5年ぶりということで懐かしさもありましたし、また声をかけていただきとてもうれしかったです!お話をいただいた時、今回はどんな物語なのかすごい気になりました。皆さんの心に残る“奇妙な物語”になれるよう演じたいです」

◆台本を読んだ感想はいかがですか

「とても不思議な感覚になりました。“絶対に○○してはいけない”と言われると、ついやってしまいたくなる気持ちが分かります」

◆ピアノを専攻する音大生という役どころですが、ピアノの経験はありますか

「いいえ、ピアノの経験は全くありません。右手と左手の違う動きに慣れていないこともあり苦戦しました」

◆絶対に弾いてはならない呪われた曲があったら、玉森さんは挑戦しますか

「挑戦しないと思います。(笑)」

◆注目のシーンは?

「ある事のために何度もピアノを演奏しながら、どうしたら良いのかを葛藤しているところです。このシーンの緊張感を感じていただきたいです」

◆視聴者へのメッセージをお願いします

「この楽譜に隠された秘密を皆さんも一緒にテレビの前で推理してくれたらうれしいです。今回も心込めて一生懸命やらせて頂きましたので視聴者の皆さんには楽しみにしてほしいです」

<黒島結菜 コメント>

「非日常的でじとっとした奇妙な話に、小さい頃から毎回引き込まれていました。まさか自分が出演することになるとは思ってもいなかったのでとてもうれしいです。台本を読んで天才ピアニストということにゾッとしました(笑)。ピアノ経験はゼロですが、以前ピアノを弾く役があり練習の仕方などは知っていたので、練習はしやすかったです。ただ、とても難しい曲だったのでできるかなという心配はありましたが、練習の成果を見ていただけたらと思います。絶対に弾いてはならない呪われた曲があったら、私は怖いので弾けないです。物語が進むにつれて、これは一体どうなるんだというハラハラを楽しんでいただきたいです」

土曜プレミアム『世にも奇妙な物語’19雨の特別編』
フジテレビ系
6月8日(土)後9時~11時10分

<出演者>
ストーリーテラー:タモリ

『さかさま少女のためのピアノソナタ』
<キャスト>
黒木聖…玉森裕太
吉野八重…黒島結菜
野下…大内田悠平

<スタッフ>
原作:北山猛邦(講談社ノベルス『千年図書館』所載)
脚本:皐月彩
編成企画:渡辺恒也、狩野雄太
プロデュース:小林宙、中村亮太
演出:岩田和行
制作:フジテレビ
制作著作:共同テレビ

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える