• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

東京が常夏のハワイに!? 801本のハイビスカスロードから榮倉奈々らが登場

 榮倉奈々主演最新作「わたしのハワイの歩き方」の完成披露会見が、ホテルニューオータニ ガーデンプールで行われた。

 ハワイにちなみ、801本のハイビスカスで彩られた“ハイビスカスロード”とハワイが好きな美男美女たちが待ち受ける壇上に榮倉奈々、高梨臨、瀬戸康史、加瀬亮の4人が登壇した。

 約1か月半のスケジュールで行われた撮影に、主演の榮倉は「出来上がった作品を観て、当時過ごしていた景色や天気とか風とか風景とか思い出すような爽快感あふれる映画に仕上がりました。6月14日が楽しみです。ハワイが好きだけれども1か月以上のロケじゃハワイが嫌いになるんじゃないかと思ったんですが、仕事で行くハワイはオフの日とかゆっくりできて、ぜいたくできたのでさらに好きになりました。」とコメント。

 アロハシャツ屋を営む茜役の高梨は「去年の夏からのハワイでの撮影で、今回のお披露目がうれしく思います。初のハワイで1か月もの間海外に滞在するのは不安でしたが、行っていたら気候も気持ちよく、いろいろ自分が思っていたことなどが不要になり、自分を見つめ直すいい機会になりました。ハワイが本当に好きになり、素敵な場所だなと思いました」とハワイへの思いを明かした。

 どんな人たちに映画を観てほしいかとの質問に、「同世代の女性やハワイに行ったことがない人に魅力を知ってもらえたらうれしいです」と話した榮倉は、最後に「アロハ!!」の掛け声とともに記念撮影を行い、会見を締めくくった。

映画「わたしのハワイの歩き方」
6月14日(土)ロードショー

■ストーリー
出版社で働く女性編集者・みのり(榮倉奈々)は、ハワイで結婚式を挙げる友人の愛子(中村ゆり)から2次会の企画を頼まれる。引き受けたものの、仕事のストレスでイライラ、ふと寄りかかった男は全員ダメ男でぐったり、さらに働けども働けども昇進も昇給もなし。ならばと、取材にかこつけて会社の経費でハワイへ飛んで逃げてしまおうと決意。ハワイで出会った現地在住の茜(高梨臨)と意気投合したみのりは、彼女に取材のコーディネーターを依頼する。そんな中、夢を追う実業家・勉(瀬戸康史)と自然を愛する謎の青年・知哉(加瀬亮)と出会いハワイを満喫するが、ふと素に返った瞬間に自分の人生を突きつけられる。すべてを投げ出してハワイに来たみのりを待っていたものとは?

監督:前田弘二
脚本:高田亮
主演:榮倉奈々、高梨臨、瀬戸康史、加瀬亮ほか
主題歌:竹内まりや「アロハ式恋愛指南」
配給:東映
製作:「わたしのハワイの歩き方」製作委員会

公式HP(http://www.watashinohawaii.com/

(C)2014「わたしのハワイの歩き方製作委員会」

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える