• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

宮近海斗「シュワシュワしていきたい」小手伸也&Travis Japanが「オランジーナ 100」WEB動画で初共演

「オランジーナ 100」WEB動画 小手伸也とジャニーズJr.の7人組ユニット・Travis Japan(宮近海斗、中村海人、七五三掛龍也、川島如恵留、吉澤閑也、松田元太、松倉海斗)が出演する「オランジーナ 100」のWEB動画「朝から青春」篇が、6月11日(火)より公式ホームページ(https://orangina.jp/)で公開される。

 朝の通勤前のコンビニ。新商品「オランジーナ100」を購入したサラリーマン(小手)が、さっそく店外でひと口飲んで、「へえ。うまいもんだな。こいつは朝からイキがいいや」と独り言を言った瞬間、オフィス街からどこか別の場所にタイムスリップしてしまう場面から物語がスタート。

 どこからともなく聞こえてきた「しーんやっ」という声に振り返ると、目の前に現れたのは高校の制服に身を包んだ7人の同級生たち(Travis Japan)。よく見ると、自分もいつの間にか学生服を着ていて、懐かしい母校の廊下に立っていた。

 7人の若々しい姿に驚きつつも、すっかりおじさんになった自分に次々とツッコミを入れてくる同級生との会話の中で、少しずつ当時の調子を取り戻していく小手。突然その場でカメラの方を振り向き、7人とフォーメーションを組んだ小手が取った行動とは…。

<小手伸也、Travis Japan インタビュー>

◆Travis Japanの皆さんは広告初出演とのことですが、「オランジーナ100」のキャラクターに選ばれた率直なお気持ちはいかがですか?

宮近海斗:「オランジーナ100」のWEB動画に出させていただくと伺った時から、メンバーのみんなと「え、あのオランジーナ?」「新商品が出るんだ!」という感じで驚いていました。学生服を着た自分たちが、これから小手さんと共に「オランジーナ100」の顔になっていくので、その名に恥じないよう、シュワシュワしていきたいなと思います。

松倉海斗:シュワシュワ?

小手伸也:弾けたい、ということですか?

宮近海斗:そうです(笑)。どんどん弾けていきたいと思います!

◆CMで共演してみていかがでしたか?

小手:イケメン軍団の中に、明らかにおじさんが1人いますが、Travis Japanと私が同級生役をやらせていただくのは、光栄の至りというか。この中に混ざると、もしかしたら「あの人、けっこうイケてる顔なんじゃない?」と、世間の人たちから誤解されて、相乗効果でイケメンにしてくれている可能性が……嘘です、言い過ぎました(笑)。撮影、すごく楽しかったです!

七五三掛龍也:小手さんが出演されている映画を、2日前ぐらいに観に行きまして、一緒にいるだけで興奮しています。

中村海人:小手さんと撮影中、少しお話ししたんですけど、ラーメンがお好きだとか。ぜひ今度、僕たちもご一緒させてください。

小手:いいですよ。でも、Travis Japanを連れて、普通のラーメン屋に入れないなぁ。

川島如恵留:小手さん、僕の父親と同い年です。

小手:マジですか?もうそんな世代と共演しているんだ。

宮近:しかも同級生役ですから。学生服を着た気分はいかがですか?

小手:こんな格好をするのは久しぶりですね。

宮近:でも、そんなに違和感がないかもしれません。給食が好きそうな。

小手:それ、単純に太ってるからでしょ(笑)。

宮近:ダンスも相まって、ちょっとかわいらしいといいますか。キャラクターみたいです。

小手:いやもう、皆さんの前でホントにつたないダンスを披露してしまいまして。

川島:キレキレでしたよ。

小手:いや、キレキレではないでしょう(笑)。

宮近:必死で頑張っている姿を見て、僕らも負けてられないなと思いましたし、ちょっとうるうる来ちゃいました。同世代の方にも勇気を与えられる映像になったんじゃないかなと思います。

小手:そうですね。協力して、いろんな年齢層の方にアピールしていきたいですね。

◆Travis Japanの皆さんと一緒にダンスを踊った感想をお聞かせください。

小手:いやー、寄る年波には勝てないといいますか。自分の限界を感じました。とにかく体の軸がブレる。つらいなーと。でも、そもそも僕、そんなにダンスを習ったことないんですけどね。

宮近:そんなに習っていないのに、あそこまでできるのがスゴイです。

小手:なんちゃって、はできるんですけどね。それっぽい顔というか。

宮近:それ大事です。

小手:皆さんも、もうちょっと顔がでかければね。

川島:面積の問題なんですか(笑)。

◆「オランジーナ100」を飲んでみて、いかがでしたか?

小手:普通のもおいしいですけど、「オランジーナ100」はその何倍も味が濃いです。

宮近:ちょっと、とろみもありますよね。

小手:すごくオレンジという感じなのに炭酸って、何だか不思議な感じです。

川島:オレンジと炭酸が合うんですよね。

松田:うん、合うね。

川島:サッパリ感もあって、コクも感じられて。

宮近:炭酸の飲み物って、朝に飲むイメージないじゃないですか。でも、これなら、朝から飲んでもスッキリできそう。通勤の前に飲んだら、爽快感で満員電車とかにも耐えきれそうというか。

吉澤:サイズもちょうどいいし。

川島:最後までさっぱり飲めますね。

◆今回の動画のように、小手さんが学生時代に戻ったら何をしたいですか?

小手:やっぱり数々の失敗をしてきたので、いまの知識を得た上でいろいろやり直したいことがありますよね。学生の頃、すごく好きな女の子がいて、高校3年生の時、ようやく勇気を振り絞って告白したんですけど、ダメだったんですよ。その時、彼女から「もっと早くあなたと出会っていれば良かった」みたいなことを言われて。もう好きになっちゃった人がいると。

宮近:それ、小手さんが次に出る作品のお話とかじゃないですよね?

小手:違います(笑)。

宮近:ドラマチック~。

川島:その話、あとでゆっくり、ラーメン屋でしていただいてもいいですか?

宮近:オランジーナみたいに甘酸っぱいお話ですね。

小手:うまい!

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える