• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

堤真一のわがままにMCアリタ哲平が特別措置『全力!脱力タイムズ』6・7放送

『全力!脱力タイムズ』 6月7日(金)放送の『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)に、堤真一とロザンの宇治原史規がゲスト出演する。

 番組冒頭、堤は頭が良く見られたいので解説員の席に座りたいと言いだす。しかし、既に全力解説員の出口保行、齋藤孝、五箇公一が座っていて、堤が入る余地はない。とはいえ、大物俳優の機嫌を損ねるわけにはいかず、メインキャスターのアリタ哲平が特別な措置を講じ、スタジオはオープニングからざわつく。

 今回のテーマは“京大脳の作り方”。世界に通じる国際性が高く評価され、ノーベル賞受賞者も多数輩出する京都大学。京大生ならではの物の考え方=京大脳が今、着目されている。そこで、京大出身の宇治原の全面協力により“京大脳”になれる勉強法をクイズ形式で学んでいく。とんちんかんなことを言う解説員たちに対して、堤の答えは的を射ていて、宇治原らを感心させる。

 続いて、堤と解説員が宇治原の作ったクイズで対決することに。アリタは宇治原に「成績が良かった人をクイズ番組に推薦してほしい」と頼み、堤と解説員はやる気十分。

 しかし、クイズが始まると、解説員たちは自分の専門分野の問題にも答えられず、あまりにも不自然な流れにアリタからクレームが入る。さらに、出題者である宇治原も巻き込まれ、クイズバトルはおかしな展開に。

 そして、宇治原が思わずこぼした「こういうことをしないように頑張ってきたんです…」という言葉の意味とは…。

 「美食遺産」は、疲労回復にピッタリなパクチー料理を紹介。滝沢カレンが、自由奔放に言葉を駆使して、そのおいしさをナビゲートする。

<堤真一 コメント>
◆収録はいかがでしたか?

「面白かったです。宇治原さん、最後はかわいそうだったな(笑)。アリタさんは、素晴らしいですね。進行しながら、いろんなことに臨機応変に対応していくところがすごいし、MCの仕事は大変だなと思いました」

◆この番組のオファーが来た時にどう思いましたか?

「僕、この番組を見ているんです。オファーを頂いた時は、自分は何にもできないのに…と思ったんですけど(笑)」

◆あの状況で笑わないでいられる堤さんは、さすがだと思いました。

「いやいや、おかしくて笑いたかったんです。笑っちゃいけない、笑っちゃいけないと思うと、余計におかしくなってくるもので、必死に耐えていました。最後は、思いっきり笑っちゃいましたね(笑)」

◆最後に、今回の見どころを教えてください。

「エンディングの宇治原さんの情けない感じが何とも言えなくて…本当の宇治原さんを知りたい方は、ぜひ見てください(笑)」

『全力!脱力タイムズ』
フジテレビ系
6月7日(金)後11時~11時40分

<出演者>
MC:アリタ哲平(くりぃむしちゅー 有田哲平)
全力解説員:出口保行、齋藤 孝、五箇公一
ゲスト:堤 真一、宇治原史規(ロザン)
美食遺産ナビゲーター:滝沢カレン
キャスター:小澤陽子(フジテレビアナウンサー)

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/DNN/
公式Twitter : @datsuryoku_cx

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える