• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

作家・下重暁子「自分の年齢は自分で決める」『サワコの朝』6・8放送

©MBS

©MBS

 6月8日(土)放送の『サワコの朝』(MBS/TBS系)に、作家の下重暁子が登場する。

 1959年にアナウンサーとしてNHKに入局後、31歳の時に作家としてデビュー。同局を退社してからは、フリーアナウンサーに転身し、キャスターとして、作家として活躍してきた下重。

 78歳の時に出版した『家族という病』は、63万部を突破。“家族ほどしんどいものはない”や“家族の期待は最悪のプレッシャー”など、これまでにない「家族論」が話題となり、大ベストセラーになった。

 年齢にとらわれない生き方を提唱した新刊『年齢は捨てなさい』の話では「年齢を意識し過ぎることは生き方を狭めるだけ」「自分の歳は自分で決めた方がいいよね」と持論を展開。

 「私は83歳になりました。元気もヘチマもない!だって、83歳って思ったことないから」と話し、年齢を“捨ててない”という阿川佐和子に目からうろこの話を披露する。考え方ひとつで人生は変わるという下重が提唱する独自の「年齢論」とは。

 また、番組では、小学3年生で迎えた終戦の頃のエピソードのほか、結核を患い学校に行けずに自宅療養していた2年間の話を披露。「孤独」と「寂しい」はどう違うのか、「家族」というものを幼い頃からどのように感じていたかなど、下重の原点にも迫る。

『サワコの朝』
MBS/TBS系
6月8日(土)前7・30~8・00

©MBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真