• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

Twitterで話題沸騰!「サラリーマン山崎シゲル」発売記念サイン会開催

(C)HIKARU TANAKA

 ピン芸人・タナカダファミリアとして活動中の田中光が描いた1コマ漫画「サラリーマン山崎シゲル」が発売となり、7日、都内・ブックファースト新宿店でサイン会が行われた。

 本作は『人狼~嘘つきは誰だ?~』(フジテレビ系)のテレビCMでのコラボや、twitterのフォロワー数が2か月で400人から15万人に急増、予約のみでAmazon本ベストセラー【総合】ランキング1位を獲得するなど、書籍発売前から注目を集めていた話題作。

 田中は京都精華大学芸術学部版画学科を中退後、お笑いの世界へ。大阪吉本にて“ゼミナールキッチン”というコンビで10年間活動後、活動の場を東京へ移し“アボカドランドリ”というトリオを結成。後に解散し、現在はピン芸人・タナカダファミリアとしてグレープカンパニーに所属している。

 囲み取材で「サラリーマン山崎シゲル」を描き始めたきっかけについて聞かれた田中は「1年くらい前から描き始めました。もともと美術系の大学に通っていて、中退してお笑いを始めてからは絵を描いていなかったんですけれども、(ピース)又吉直樹さんとお食事をさせていただいた時に『何か特技を伸ばしていったほうがいいよ』と言っていただきまして、ブランクはありましたが『じゃあ、僕は絵を描きます』と、それがきっかけですね」と、作品誕生には本著に推薦コメントを寄せたピース・又吉の言葉があったことを明かした。

 1コマのネタ考案については「自分自身にサラリーマンの経験がないので、何となくのイメージで風貌とかサラリーマンってこういう人なんじゃないかなって。あとは『こんな部下は嫌だ』という大喜利をやっている感じですね」「始め迷っていたのは、ギャルに無茶苦茶させるのも面白いかなと思ったんですけど、あえて堅いイメージのあるサラリーマンが無茶苦茶していた方が面白いんじゃないかなと」と語った。

 また、同期芸人であるエハラマサヒロや、女優・二階堂ふみらと既にコラボを果たしている田中が今後コラボしてみたい著名人を聞かれると「AKB48さんですね!」と即答。ほかにも田中自身がファンで「山崎シゲル」のシゲルを拝借したというくるり・岸田繁にも「いつか何か接点があればいいなと」と野望を述べた。

 最後に「今後は、また違う形でいろんなものを描いていけたらうれしいなと思いますし、お笑い芸人としてもステップアップしていくので、そっちも応援してください!」と締めくくった。

「サラリーマン山崎シゲル」はポニーキャニオンより価格1296円(税込)で発売中。

「サラリーマン山崎シゲル」twitterアカウント
@hikaru_illust

「サラリーマン山崎シゲル」facebook(https://www.facebook.com/YAMASAKISHIGERU

「サラリーマン山崎シゲル」
著者: 田中光
書籍発売中/1,296円(税込)
発売・販売元: ポニーキャニオン
(C)HIKARU TANAKA

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える