• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

大貫勇輔が『めざましテレビ』7月エンタメプレゼンターに

大貫勇輔 『めざましテレビ』の7月のマンスリーエンタメプレゼンターを、ダンサー・俳優として活躍中の大貫勇輔が務めることが決定した。大貫は情報番組のプレゼンター初挑戦で、7月3日(水)より出演する。

 2018年6月からスタートした『めざましテレビ』のマンスリーエンタメプレゼンターは、6時台のエンタメコーナー「見たもん勝ち」から番組終了まで、軽部真一アナウンサーと共にエンタメニュースを伝えていく。

 祖父は、1964年の東京五輪体操強化選手、母や叔母も国体出場などの経歴を持つ体操選手という家庭環境で育った大貫は、7歳でダンスを始め、17歳からはプロダンサーとして数々の作品に出演。バレエ、ジャズをはじめ幅広いジャンルのダンスを踊りこなす一方で、テレビドラマにも出演。ミュージカル界で今最も勢いのある俳優だ。

 ドラマ『ルパンの娘』では、世界を股にかける泥棒で、深田恭子演じる幼なじみの華に思いを寄せる、原作には登場しないオリジナルキャラクター・円城寺輝を演じる。ドラマでは歌やダンスも披露する。

<大貫勇輔 コメント>
◆今回のお話がきたときの率直な感想は?

「学生時代はほぼ『めざましテレビ』で育ったようなものなので、お話を頂けて本当にうれしかったし、びっくりしました!」

◆『めざましテレビ』に対する印象は?

「皆さんがニコニコ仲良さそうに、楽しそうにされているのが、すごく好きで、僕もご一緒させてもらえるのが本当にうれしいです!」

◆エンタメコーナープレゼンターとしての意気込みをお願いします。

「“よし、今日も頑張ろう!”と見ている方々に思ってもらえるよう、毎回全力で楽しんで、エンタメコーナーをお届けします。頑張ります!」

<総合演出・高橋龍平(フジテレビ情報制作センター)コメント>
「踊れて、歌えて、芝居もできる…そしてイケメン。三拍子ならぬ四拍子そろった大貫さんは、今エンタメ界で最も注目されている一人です。情報番組MCは初挑戦となりますが、果たして新たな才能は開花するのか?異色の存在感を放つ大貫さんが朝から何を発信するのか?今から楽しみです」

『めざましテレビ』
フジテレビ系
毎週(月)~(金)前5時25分~8時
※出演は7月3日(水)、9日(火)、17日(水)、24日(水)、31日(水)予定

<メーンキャスター>
三宅正治(フジテレビアナウンサー)
永島優美(フジテレビアナウンサー)

公式HP:http://www.fujitv.co.jp/meza/

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える