• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

大竹しのぶが映画「マレフィセント」の日本語版主題歌に挑戦

 アンジェリーナ・ジョリー主演の映画「マレフィセント」の主題歌の日本語版を女優の大竹しのぶが初挑戦することが分かった。

 大竹は、日本を代表する大女優の中で、映画で描かれるマレフィセントの母性愛と、アンジーの母性愛に通じる大きな愛を持った女性として今回大抜擢された。大竹は、2013年8月7日、泉谷しげるのアルバム「昭和の歌よ、ありがとう」に参加して以来約1年ぶりの歌手活動となる。

 曲名は「ONCE UPON A DREAM~いつか夢で~」に決まり、ディズニー映画「眠れる森の美女」(1959年)のオーロラ姫とフィリップ王子がデュエットするロマンティックな恋の歌が、マレフィセントの愛を描くために日本語版でまったく異なる新訳版で表現された。

 同曲は、ディズニーおよびディズニースタジオ公式YouTubeチャンネルにて、「マレフィセント」の映像と共にこの日本語吹替版の音楽が流れており“この美しい歌声は誰?”と話題になっているようだ。

 主題歌を担当することについて、大竹本人だけでなく娘のIMALUも「うそでしょ?」とビックリしていたという。また、「すごく低い音で、子守唄のように優しく歌うというのは、すごく難しかったです。でも、とてもきれいな歌でしたので、『強くなろう 守るため』『あなたは私の夢』というところに、大きな大きな『母性』というか、強い『愛』を感じて、歌っていてすごく優しい気持ちになりました」と感想を述べた。

 最後に、「禁断の呪いが生んだ“究極の愛”の物語『マレフィセント』の、主題歌を歌うことになりました。今までの『Once Upon a Dream』とは違う、マレフィセントの愛を歌った新しい歌詞です。映画と合わせて、お楽しみください」とPRした。

映画「マレフィセント」
7月5日(土)全国公開
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公式サイト(http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/maleficent/

(C) 2014 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える