• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

重岡大毅「自信を持っておすすめできる」ジャニーズWEST&関西ジャニーズJr.が忍者に

 映画「忍ジャニ参上!未来への戦い」の公開記念舞台あいさつが都内で行われ、重岡大毅、小瀧望ら豪華出演者が登壇した。

 本作はジャニーズWESTと関西ジャニーズJr.のメンバーによる痛快忍者アクション・エンターテインメント作品。「忍」としての修行を積んでいた関西出身の5人の忍者たちにある日、解散が告げられる。忍びに生まれたからには一度でも務めを果たしたい彼らは、藩主にヘッドハンティングされようとある計画を立てるが、思いもよらない大事件へと発展していく。

 この日は、重岡、小瀧のほか、ジャニーズWESTの神山智洋、桐山照史、中間淳太、関西ジャニーズJr.の平野紫耀、向井康二、永瀬廉、大西流星、ジャニーズJr.の森本慎太郎、京本大我も出席。関西出身のメンバーが多いため、登場からにぎやかな舞台あいさつとなった。

 サプライズで映画のメイキング映像が流れ、メンバーは「このとき、ほんまに死ぬかと思った」「かっこいい!」「これ、夜中の3時ぐらいだったな」と大盛り上がり。

 重岡が撮影を振り返り「クライマックスのシーンは丸1日、山の中で撮ってて。前日に雨降って、夏の京都だから暑くて虫がいてじとじとしてて、忍者の衣装を着ると7キロあるんですよ。そんなんでも弱音をはかない僕らって(笑)」と話すと会場からは笑いと拍手が起こった。

 また、桐山が「こいつ(永瀬)、びっくりするでほんまに。他のアーティストさんの曲をガンガン歌うねん。もう俺が死にまっせていうシーンで!」と兄弟役を演じた永瀬にツッコむと、永瀬は「僕の中で当時流行ってたから無意識に口ずさんでて…現場が和んでくれたらなって思って」と必死に弁解する場面も。

 最後に重岡は「僕たちも見せてもらったんですけど、自信を持って面白いとおすすめできる映画になっています。これからも応援よろしくお願いします」、小瀧は「この映画は兄弟愛や仲間との絆、信じることの大切さだったりとか、たくさんのメッセージが込められた作品になっていると思います。映画に散りばめられたメッセージをこれからに生かしてもらえればと思います」と語った。

 映画「忍ジャニ参上!未来への戦い」は大ヒット公開中。

映画「忍ジャニ参上!未来への戦い」
出演:重岡大毅、小瀧望、平野紫耀、神山智洋、向井康二
森本慎太郎、京本大我・永瀬廉、大西流星/中間淳太、桐山照史ほか
監督:井上昌典
脚本:たかひろや

公式サイト(http://www.ninjani.jp)

(C)2014「忍ジャニ参上!」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える