• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

椎名桔平&田中麗奈が昭和の歌謡曲の時代を生きた風変わりな人々の人生を熱演

舞台「教授」囲み取材。前列左から高橋一生、椎名桔平、田中麗奈、後列左から鈴木勝秀(演出)、佐々木喜英、上條恒彦、岡田浩暉、中村中

 舞台「教授」の公開舞台げいこが東京・Bunkamura シアターコクーンで行われ、上演前の囲み取材に主演の椎名桔平と田中麗奈が応じた。

「教授」は、五木寛之のエッセイ『わが人生の歌がたり』を原案として、昭和60年代の“流行歌の時代”を、独自の価値観で生きた歌好きの免疫学教授の生涯と、偶然彼の助手を務める事となった女性の生涯を描いた物語。高橋一生、岡田浩暉、佐々木喜英ら出演者とともに、演出の鈴木勝秀が硬質ながらも切なく愛おしい劇世界が生み出している。

 椎名桔平は「3年振りの舞台で演出家の鈴木さんと温めてきた企画です。他では今までやっていない昭和の歌が散りばめられた舞台でもあります」と自信を見せ、「ノーベル賞を受賞した山中伸弥教授に負けない教授像がつくれましたか?」との問いに「つくれたと思います(笑)。寄生虫と言う変わった分野の研究に一生を捧げた面白いキャラクターです」とコメント。

 助手を演じる田中麗奈は「一日一日を噛みしめながら、みんなに支えられアドバイスを頂きながら、開放して楽しんでできました」とけいこを振り返り、「劇中に使われている曲の中で好きなのは、クライマックスに歌う『グッバイ・Lovesong』。五木さんが作詞をして、中村さんが作曲をした曲なんですが、すごく良くて、家に帰っても聴いています」と告白した。

 舞台「教授」は、毎公演豪華ゲストと中村中によるアフターライブ付きで、2月24日(日)まで東京・Bunkamura シアターコクーンにて上演中。その後、大阪、名古屋、金沢で地方公演が実施される。

「教授」公式サイト(http://www.duncan.co.jp/web/stage/professor/)

舞台「教授」
basedon:五木寛之作 「わが人生の歌がたり」より
構成・演出:鈴木勝秀
出演:椎名桔平/田中麗奈/高橋一生/岡田浩暉、坂田聡、伊達暁、上條恒彦、佐々木喜英/中村中
日時:2013年2月7日(木)~24日(日) Bunkamuraシアターコクーン

<アフターライブゲストスケジュール>
2/7(木)19:00 中尾ミエ
2/8(金)19:00 山崎育三郎
2/9(土)14:00 佐々木喜英/19:00 鈴木雅之
2/10(日)13:00/18:00 山崎ハコ
2/11(月)14:00 元ちとせ
2/13(水)14:00 園まり/19:00 坂井邦先
2/14(木)19:00 由紀さおり
2/15(金)19:00 松原健之
2/16(土)14:00/19:00 クミコ
2/17(日)14:00 加藤登紀子
2/18(月)19:00 五木寛之(★スペシャルアフタートーク)(歌:冴木彩乃)
2/20(水)14:00 石井一孝/19:00 木の実ナナ
2/21(木)19:00 一青窈
2/22(金)19:00 ジェロ
2/23日(土)14:00 尾藤イサオ/19:00 岡田浩暉
2/24(日)14:00 上條恒彦

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える