• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「はるか上を行ってる」「もう人間じゃない」鈴木亮平と園子温が竹内力を絶賛!?

 園子温監督最新作「TOKYO TRIBE」の完成披露試写会が、6月16日(月)都内で行われ、鈴木亮平、YOUNG DAIS、清野菜名、園監督、そして、サプライズゲストとして竹内力が登壇した。

 本作は、90年代ストリートカルチャー&ファッションを牽引した累計250万部超えの井上三太による伝説的コミックを映画化したもので、近未来の“トーキョー”を舞台に、ストリートギャングたちが大暴れするというストーリー。本作では、世界初となる“バトル・ラップ・ミュージカル”という新たなジャンルを取り入れ、出演者のほぼ全員が、ラップに挑戦している。

 そんな本作の映画化のオファーを受けた時の心境について園監督は、「最初は、自分では無理だと思いました。すごい世界観で、どうやって実写にすれば?と。それで、本物のラッパーをいっぱい出すことを思いついて、次第に全部ラップにしちゃえ! ミュージカルにしちゃえ! スタントなしで役者全員がアクションをやってる!…と盛り上がってきて、次第にこれはいけるわ、と。ひとつ重要なのは、本物の街がひとつも出てこないんです。街は全部作っちゃった。最初は、これは失敗するだろ…と思ったけど(笑)、作っているうちにノリノリになっていった感じですね」と語った。

 また、主演の鈴木は、好きな作品でありながらも演じることにはプレッシャーを感じていたとか。鈴木は、「ト書きを読んだら、<Tバックでラップをするメラ>とか<Tバックでバッサバッサと切っていくメラ>とだけ書かれてあって、Tバックで一番強そうな体を作らないと…と、プロレスラーをイメージして体を作っていきました。今よりも10キロぐらい体重が多かったと思うんですけど、今まででの自分にとっての最大体重で。街で「あの…プロレスラーの方ですよね?」と声をかけられて、“よし!”と(笑)。現場では1カット1カット撮るごとに拍手が起こったりして、そういう現場は初めてでものすごく刺激的でした」というエピソードも明かした。

 後半には、サプライズゲストとしてブッバを演じた竹内力が登場し、「園監督は本当に爆発的。すさまじいエネルギーで現場を飲み込んでしまうパワーがありました。これから作品を観るので、どんな作品になっているか楽しみです」とコメント。

 ブッバという極悪非道なキャラクターについて、鈴木は「いい意味で開いた口がふさがらなかったです。自分は振り切ってやったけど、完成した作品を観たら、竹内さんは、はるか上を行ってましたね(笑)」と語り、園監督は、「作品を観た方は、これはもう人間じゃない…と。動物映画だなと(笑)」とそれぞれ絶賛した。

 最後に、「“世界初のバトル・ラップ・ミュージカル”言いづらいですけど、皆さんだんだん慣れてくると思います。今、『アナと雪の女王』やってますけど、あんなの蹴散らしますから! 何回も観れば皆さんラップもできるようになりますから(笑)」(園監督)、「今年のミュージカル映画の本命はこっちです!」(鈴木)というメッセージに会場からは大きな拍手が起こった。

映画「TOKYO TRIBE」
8月30日(土) 新宿バルト9ほか全国ロードショー

原作:井上三太「TOKYO TRIBE2」(祥伝社)
監督・脚本:園子温
出演:鈴木亮平/YOUNG DAIS/清野菜名/佐藤隆太/染谷将太/でんでん/窪塚洋介/竹内力 ほか
配給・宣伝:日活
公式ホームページ(http://tokyotribe-movie.com/

【STORY】
近未来の “トーキョー”には様々なトライブ(族)が存在し、そこに住む若者たちは、街を暴力で支配しながらお互いの縄張りを守っていた。トライブ間の暴動・乱闘は日々繰り広げられるも、互いの力関係は拮抗し絶妙なバランスで保たれていた。しかし、ある事件をきっかけに、その均衡はもろくも崩れ去る。「ブクロWU-RONZ」のヘッドに君臨する<メラ>と「ムサシノSARU」に所属する<海(カイ)>。二人を取り巻く”トーキョー”中のトライブを巻き込んだ、激しく壮絶な一大バトルが今始まる――。

(C)2014 INOUE SANTA / “TOKYO TRIBE” FILM PARTNERS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える