• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

超新星ユナク、主演映画「無花果の森」で共演者らを魅了

 超新星のリーダー、ユナクが主演を務める映画「無花果の森」が6月14日(土)から公開中。初日を迎えた14日には東京・シネマート新宿にて舞台挨拶が行われ、ユナク、共演の原田夏希、MiNo、そして古厩智之監督が登壇した。

 同映画は、平成23年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した直木賞作家・小池真理子の同名小説を原作に、無実の罪を着せられた韓国人ジャーナリストのヨンホ(ユナク)と、夫の暴力から逃げるために失踪した日本人女性・新谷泉(原田)との切ない愛の逃亡劇を描いたラブストーリー。

 国費留学生として愛知大学を卒業し、日本語が堪能なことで知られるユナクは、日本の映画では超新星主演映画「君にラヴソングを」(2010年公開)、「僕たちのアフタースクール」(2011年公開)に出演経験があるものの、単独初主演は今回が初めて。加えて、“アイドル”としての魅力を全面に押し出した過去の2作とは異なり、不倫や芸能界の薬物汚染など重いテーマを扱った作品だけに、「日本の映画には出たかったんですが、内容としては迷いもあって。不安でいっぱいだったんですけど、監督さんの『僕を信じてください。いい映画にするから』という言葉を信じて頑張りました。せりふも全部日本語なので、発音も勉強しました」(ユナク)と、並々ならぬプレッシャーを抱えて撮影に臨んだという。

 そんなユナクの言葉を受け、古厩監督は「『いい映画にするから』と確かに言ったけど、実はユナクに会うまでは全然確証はなくて(笑)」と切り出し、「でも、実際に会ったら、すごく良い奴だったんです。“こいつならできる!”と思って、内心僕が安心しました(笑)。ユナクの良いところをもらって、どんどん役柄をユナクに近づけました」と今だから言える胸の内を明らかにした。

 さらに、初対面の印象を振り返り、「初めて会ったときから、すごくいい匂いがした。コロンのせいもあると思うけど、何ていい匂いなんだろうって。2回目に会ったときもいい匂いでドキドキして、『俺はそういうのじゃない!』って不思議な気持ちになりました(笑)」とすっかりユナクに魅了されている様子。

 また、ヨンホと恋に落ちるヒロイン・泉を演じ、誰よりもユナクの芝居を身近で感じた原田は、「母国語ではない言葉で最後まで演じ切ったユナクさんは、役者として尊敬しています」と称賛するいっぽう、「いつも甘いものを食べていて、お菓子やジュースとか甘いものばかり(笑)。それなのにすごく細いから、びっくりしました。行動も面白い方です」とほほ笑ましいエピソードも告白。

 続けて、共演者のMiNoから「ユナクさんはどこでも『ハハハハ』って笑っていてチャーミングな方。演技指導もしてくださって、さすがオッパ(韓国語でお兄さんの意味)は優しいなって思いました」と熱い眼差しを向けられたユナクは、「し、指導までは……ハハハ」と照れた表情で恐縮しきりだった。

 映画「無花果の森」は、6月14日からシネマート新宿ほか全国順次ロードショー。

映画「無花果の森」
6月14日からシネマート新宿ほか全国順次ロードショー
出演:ユナク(超新星)、原田夏希/
小木茂光、三浦誠己、徳井優、木下ほうか、MiNo、瀬戸早妃、かでなれおん、名高達男、江波杏子

プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ
監督:古厩智之
原作:小池真理子「無花果の森」(平成23年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞/日本経済新聞社・刊)
配給:BS-TBS
2014年/日本映画/カラー/ビスタサイズ/ステレオ/98分
公式サイト(http://www.bs-tbs.co.jp/ichijiku/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える