• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

7月13日(日)はWOWOW「テイク・ザット&ロビー・ウィリアムスDAY」

(c)Polydor Ltd (UK) 2010

「WOWOW7月の英国月間」特集は、7月6日(日)の「ザ・ビートルズ DAY」に続き、7月13日(日)は「テイク・ザット&ロビー・ウィリアムスDAY」。WOWOWライブで後1・00からたっぷりと7時間放送する。

 1990年に結成されて以来、瞬く間にイギリス音楽界のスターダムにのし上がった5人組ボーイズ・グループ、テイク・ザット。イギリスの音楽史上、ビートルズ以来最も成功したといわれるバンドでもある。その後、いったん解散したものの、2005年に奇跡の復活、2010年に解散の一因となったロビー・ウィリアムスを加えてのフルメンバーでの再始動を果たした。

 彼らが再結成に至るまでの心情を綴ったドキュメンタリーのほか、ソロとして最も華々しい活躍をしているロビーのライブなどを一挙放送する。

「テイク・ザット&ロビー・ウィリアムスDAY」ラインナップ
7月13日(日)
後1・00~「洋楽主義 テイク・ザット」

後2・00~「TAKE THAT ドキュメンタリー The Story of Progress」
2010年、ロビー・ウィリアムス帰還。ようやく待望の5人が復活し、5人によるアルバム『プログレス』が発表された。同アルバム完成に至る過程を追ったこのドキュメンタリーは必見!

後3・15~「TAKE THAT プログレス・ライブ 2011」
ロビー・ウィリアムス帰還。再び5人そろったゆるぎないハーモニーは、90年代を超えるスーパーグループとしての矜持を示す。5人の魅力が詰まった英国・マンチェスターでのライブ。収録日:2011年6月10日、11日

後4・35~「ロビー・ウィリアムス ワンナイト・アット・パラディウム 2013」
12年ぶりとなるスウィングアルバム『Swings Both Way』を発表したロビー・ウィリアムス。ビッグ・バンド、レビューなど一夜限りのロンドン・パラディウム・シアターでのライブ。
収録日:2013年11月8日

後6・10~「ロビー・ウィリアムス テイク・ザ・クラウン・イン・エストニア 2013」
テイク・ザットのリユニオンを経て再びソロとして、ロビー・ウィリアムスのしなやかなボーカルを存分に発揮したアルバムを引っさげてのスタジアム・ツアー。エストニアでの公演を。
収録日:2013年8月20日

 
7月13日(日)はテイク・ザット&ロビー・ウィリアムスDAY!WOWOWがネットからの加入申し込みですぐ見られる!
 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える