• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

武井壮、マイケル・ベイ監督に直談判!「トランスフォーマー」次回作出演決定!?

 シリーズ最新作「トランスフォーマー/ロストエイジ」(8月8日(金)日本公開)の全米公開を前に中国・香港でワールドプレミアが行われ、映画関係者やキャストのほか、日本から「トランスフォーマー30周年記念大使」の武井壮が参加した。

 武井は、本作の出演が決定していたが、スケジュールの都合で実現しなかったということで、今回、トレードマークのタンクトップを脱ぎ捨て、タキシード姿で現れ、マイケル・ベイ監督に「トランスフォーマー次回作に出演」の直談判が成功した。

 武井は、「実は、この映画に出演予定でした。去年撮影で香港に行ったんですが、押してしまって次の現場に入らないとならず出演を逃しました。今回は30周年記念大使に選んでいただき、声優もやらせていただきました。もう少しでハリウッド進出だったので惜しかったです」と悔しさを吐露。

 だが、直談判が成功し「次回作は出られるならどんな役でもいいです。ぜひオートボットを1台与えてほしい! 主演の皆さんと絡む謎のアジア人役とか…ハリウッド進出1本目にしてはハードル高いかもしれませんが(笑)」と次回作への期待を見せた。

 また、ベイ監督は本作について、「新シリーズということで、キャストも一新した。ぜひ3D IMAXで見てほしいね! 過去作とも違う全く新しい内容になっている。斬新なアクションも満載だ! 度肝を抜かれる映像だと思うよ」と語った。また、武井の出演については「もちろんだ。約束するよ!」と応えた。

 主演のマーク・ウォールバーグは、「以前もベイ監督と仕事をしていて、馬が合ったんだ。だから出演した。本作では大人なキャラクターを演じている。娘を持つ父親役は楽しかったよ。日本には近いうちに行きたいな。最後に来日した時は、思うように時間が取れなかったから、娘と一緒にいろいろなスポットを訪れたいね」とコメントした。

映画「トランスフォーマー/ロストエイジ」
8月8日(金)全国ロードショー

オフィシャルサイト(http://www.tf-movie.jp/
Facebook(https://www.facebook.com/tfmovie.jp
twitter(https://twitter.com/tf_autobot

監督:マイケル・ベイ(『トランスフォーマー』シリーズ、『アルマゲドン』)
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ
脚本:アーレン・クルーガー(『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』)
出演:マーク・ウォールバーグ、二コラ・ペルツ、ジャック・レイナー、スタンリー・トゥッチ、ソフィア・マイルズ 他
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン

(c)2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える