• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

織田裕二×池井戸潤ドラマ「株価暴落」が今秋放送決定

 織田裕二主演・池井戸潤原作のWOWOW連続ドラマW「株価暴落」が、今秋に放送されることが決定した。

 本作は、金融ドラマ、企業サスペンス、警察ドラマとさまざまな顔を併せ持つエンターテインメント作品で、織田は、組織の論理に染まらず、自らの信念に忠実に突き進む熱き孤高のバンカー・板東を演じる。

 そんな板東に対し、上昇志向が強く銀行内の派閥形成に余念のないエリート行員・二戸を高嶋政伸、爆破事件現場に遭遇する青年に瀬戸康史、その恋人に川島海荷、爆破事件を追う刑事に板尾創路、経営再建中の巨大スーパーマーケットで独裁的経営に立ち向かう取締役・財務部長に石黒賢、会長の懐刀と言える存在でさまざまな裏仕事に従事してきた取締役・広報室長に石橋凌などの豪華な顔触れが脇を固める。

 織田は「池井戸潤さんが書かれた『株価暴落』を読ませていただいて、考えてみると銀行員役も初めてなのですごく新鮮な気持ちです。とても素晴らしい制作チームの作品に参加できることを今から楽しみにしています」と出演が決まった際の感想を。

 また、脚本を読んだ感想は「主人公・板東の筋を通そうとしている生き方はものすごく大変だろうな、と感じました。この作品には、それぞれ違う立場でさまざまな想いや大変さを抱えた人たちが出てきて、それぞれ生き様も違う。自分なら最終的にどういう生き方を選択するかを投げかけられている気がしました。僕が演じる板東は、ものすごく筋をきっちり通そうとしていて、責任感がすごく強い男。だから僕が銀行の顧客だったら、こういう銀行員には信頼がおけると思います。役を演じる上で、今は、彼が筋を通すことにきっちりしているので、逆に弱さとか優しさなど、彼が普段人には見せない表情も出していければと思っています」と語った。

 また、“板東は融資先に対して厳しい一面もありますよね?”という問いに対しては、「セリフで『融資の要諦は回収にあり』という言葉が出てきますが、どこか”なあなあ”できていた日本の良さと悪さ、膿がたまってきちゃってもう破たんしているということが出てきているので、厳しい一面も含めて当然必要だと思いました。ただ頑張って努力していて再建が見込めればどんな小さな所でもちゃんと融資してくれる。そんな銀行マンです。僕たちも演じる役柄によってモノの見方が変わるので、演じた役に影響を受けて自分の考え方そのものが変化していくこともあります。それも役を演じていて楽しいところですね」と役柄への思いを明かした。

 最後に、織田は「初めてのWOWOW出演で、全5話という連続ドラマのスタイルも初めてですが、皆さんに期待していただける作品になると思いますので、ぜひ見ていただければと思います。これまで高いクオリティのものを作ってきた枠だと思うで、それに負けない、それ以上のドラマを作りたいと思っています」と意気込みを語った。

ドラマ「株価暴落」
今秋放送予定

原作:池井戸潤(「株価暴落」文春文庫刊)
脚本:吉本昌弘(「ドラマWスペシャル なぜ君は絶望と闘えたのか」)
監督:鈴木浩介(「連続ドラマW 空飛ぶタイヤ」「連続ドラマW 下町ロケット」「連続ドラマW 震える牛」他)
音楽:村松崇継(「連続ドラマW 地の塩」『クライマーズ・ハイ』『大奥』)
出演:織田裕二、高嶋政伸、瀬戸康史、川島海荷、平山浩行/竜雷太、鶴田真由/板尾創路、石黒賢、石橋凌 ほか
プロデューサー:青木泰憲、内丸摂子
製作:WOWOW 東阪企画

番組ページ(http://www.wowow.co.jp/dramaw/kabuka/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える