• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ワッキー、芝刈り機ネタで“笑い”を鎮火!?「プレーンズ2」大ヒット応援イベント

 7月19日(土)公開の映画「プレーンズ2/ファイアー&レスキュー」の大ヒット応援イベントが都内で開催され、ペナルティ(ワッキー、ヒデ)、元サッカー日本代表の秋田豊が登壇した。

 本作は、チャンピオン・レーサーのダスティが、故障をきっかけにレスキュー隊に入隊し、新たに出会った間との絆を深めながら、自らの危険をも顧みず救出活動のために飛び立っていく姿が描かれている。

 秋田と、レスキュー隊の服の着たワッキーとヒデが、映画公開記念のレスキュー隊に加わりイベントがスタート。ワッキーは、ダスティに負けないエンジンがあると豪語し、自慢のワッキーエンジン“芝刈り機”を披露すると、会場は失笑に包まれた。

 取材のため来場していた子供記者からチームワークについて質問された秋田は、「サッカーは11人で、ミスしたときに誰かが助けてくれる。そういう助け合いの精神にチームワークを感じます」とチームワークの大切さを語った。

 また、レスキュー活動をイメージした障害物レースも実施され、ワッキーは、レスキュー隊の最も手ごわい天敵である炎をイメージした全身赤タイツに赤アフロのファイアーワッキーへと変身。秋田率いるブレードチームとヒデ率いるダスティチームは、障害物レースとファイアーワッキーに挑んだ。

 子供たちによるレスキュー隊の衣装に早着替えのほか、チームでわたる一本橋競争を経て、水に見立てたバケツリレー競争でファイアーワッキーを消化する訓練に挑戦。ワッキーの頭上のゴールに向けて、次々とボールを投げ込んだ。見事勝利を手にしたのは、秋田率いるブレードチームで、秋田は子供記者と共に喜んだ。

 秋田が、「人のために自分を犠牲にできる行動に感動しました」と語ると、「個性的な面々のチームワークに仲間の絆を感じました」とヒデ。ワッキーも「子供たちには勇気や友情を感じてもらえるし、タイムマシンのように大人を子供にしてくれる。ヒデさんの本から引用させてもらいました」と映画をPRした。

映画「プレーンズ2/ファイアー&レスキュー」
2014年7月19日(土)公開

監督:ボブス・ガナウェイ 
プロデューサー:フェレル・バロン 
製作総指揮:ジョン・ラセター 
声の出演:瑛太、近藤春菜(ハリセンボン)、箕輪はるか(ハリセンボン)
原題:Planes: Fire & Rescue 
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

公式サイト(http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/planes2

【STORY】
レスキュー隊員になったばかりのダスティの武器は、チームワークと勇気。ある日、大規模な山火事が発生し、ダスティと仲間たちは絶体絶命の状況の中、命懸けの救出へ向かうが…。大型飛行機、ヘリコプター、パラシュート隊の車など個性的で愉快な“働く乗り物”キャラクターの活躍や、実写さながらの手に汗握るレスキュー・シーンは必見!

(c)2014 Disney. All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える