• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

中島哲也監督「小松さんあとで話があるから」映画「渇き。」舞台挨拶で小松菜奈が失言!?

 映画「告白」の中島哲也監督の最新映画「渇き。」の大ヒット舞台挨拶が都内で行われ、役所広司、小松菜奈、オダギリ・ジョー、中谷美紀、中島哲也監督が登壇した。

 役所演じる藤島昭和の娘・加奈子を演じた小松は「公開から1週間経って、たくさんの方々に見てもらえてうれしいです」と挨拶。過激さゆえに賛否が分かれることについて、「当然ですね」という役所は「賛否があるということは、それだけ映画に個性があって、健全なものだと僕は思っています。もちろんたくさんの人に平均的に愛される作品もあると思いますが、やっぱり作品としては賛否があって当然で、映画として監督の思いが込められている健全な作品だと思います」と話した。

 先日、小松が「渇き。」とつぶやいたツイートがデイリーツイートランキングで1位になったことについて「本当にたくさんの意見があるんだなと思いました。いままでで1番良い映画だったという人もいれば、“クズな映画”だったっていう人もいて、面白いなって思ったんですけど…」と話すと、すかさず中島監督が(クズという言葉に対し)「小松さんあとで話があるから」とツッコみ、会場の笑いを誘う場面も。

 本作が女優初挑戦だった小松。「最初に監督に『女優として頑張っていきたいの?』と聞かれたときは、『う~ん…』って感じだったんですが、この『渇き。』の撮影を通して、演じることの楽しさを知ったので、頑張っていけたらいいなと思いました」と小松の本音を聞くと、中島監督は「オーディションのときはモデルの経験しかない子でしたけれども、小松さんというキャラクターが、『渇き。』の加奈子という役にぴったり合うと思いました。これからは女優でやっていこうと思ってくれただけで、彼女をこの映画に抜擢してよかったなと思います」と話し、映画撮影中に彼女の成長を感じたことを明かした。

 最後に「それぞれ感想などあると思いますが、中島監督の下にスタッフ、キャストで一生懸命この映画を作りました。その面白い部分も汲み取っていただきたいです」(役所)、「いい意見も悪い意見もたくさんあると思いますが、見れば見るほど、また楽しんでいただける映画です」(小松)、「暴力にまみれた作品ですけれども、この作品が何か皆さんの心に残すことができたら幸いです。何を感じ取られたのかお聞かせ願えればと思います」(中谷)、「何を描いているかというと愛情なんだと思うんですけれど、それを暴力という表現なので、間違って伝わると“否”でしかないのかなと思います。でも僕は個人的にここ数年で見た映画の中でダントツで面白くて、これを見ない日本人はもったいと思うくらいです」(オダギリ)、「映画の最初につぶやく言葉と、ラストにつぶやく言葉が同じなんですよね。その言葉を最初に聞いたときの感じと、最後に聞いたときの感じが、映画を見る中で違う響きに感じてもらえれば、監督しての僕はもう十分だと思っています」とそれぞれが映画にかける熱い思いを語り締めくくった。

 映画「渇き。」はTOHOシネマズ六本木ヒルズほか、全国で大ヒットロードショー。

映画「渇き。」
配給:ギャガ

映画『渇き。』公式サイト(http://kawaki.gaga.ne.jp/

(c)2014「渇き。」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える