• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

顔合わせはまわし姿!? 伊藤歩、青柳翔らが映画「渾身 KON-SHIN」完成披露試写会に登場

顔合わせはまわし姿!? 伊藤歩、青柳翔らが映画「渾身 KON-SHIN」完成披露試写会に登場

隠岐諸島の古典相撲を題材にした映画「渾身 KON-SHIN」の完成披露試写会が22日に都内で行われ、出演者の伊藤歩、青柳翔、財前直見、甲本雅裕、長谷川初範、中本賢、宮崎美子、井上華月、粟野史浩、中村麻美、錦織良成監督、サポーターズソングを歌った歌手・塩ノ谷早耶香が登壇した。
同作は、隠岐諸島あげての全面協力の下、20年に一度の遷宮相撲を完全再現。島で生まれ育った多美子(伊藤)は、夫の英明(青柳)と英明の前妻との娘・琴世(井上)と共に幸せに暮らしていた。島に暮らす誰もが大切にしている20年に一度の古典相撲大会の日に最高位の正三役大関に選ばれた英明は、地区の名誉と誇り、家族への想いを懸けて土俵に上がる。
伊藤は「島根県の隠岐島の人たちが一生懸命協力して作ってくれた映画なので、ぜひ皆さんに楽しんでもらえたら」とあいさつ。今作が映画主演デビューの青柳も「こうして完成して皆さんに観てもらえることができ、本当にうれしく思っています」と緊張気味にあいさつした。続けて伊藤は「初めて青柳さんと顔合わせをしたときに、青柳さんがまわしで稽古されていたんです。『おはようございます』と言ったらお尻があって、この方が青柳さんだ!と…」と言うと、青柳はすかさず「お尻で(僕を)覚えたんですね?(笑)」と笑いを誘った。青柳も「伊藤さんとのシーンは相談しながら作ったシーンがたくさんあって、こういう芝居を取り組めて貴重な体験でした」と伊藤との共演シーンを振り返った。錦織監督は「約2か月間の撮影は、準備2年、カメラ3台を隠岐島に持ち込みまして、本物の映画を撮ろうと本気で取り組みました。皆様にどのように受け止められるか、半分不安、半分楽しみです」と映画への想いを語った。
試写会には歌手の塩ノ谷早耶香が登場し、サポーターズソングの「Dear Heaven」を披露。青柳は「声に透明感があってとても感動しました」と言うと、伊藤も「大好きになりました。ぜひ、私も頑張って宣伝したいと思います!」と意気込みを見せた。
最後に伊藤は「お相撲のシーンはダイナミックでとても迫力があって、大好きなシーンなんです。あと、今回のもうひとつのテーマである『家族の愛』を、私演じる多美子と琴世が心を寄せ合っていくという、その家族愛が島の人たちに支えられているというところも注目してほしいです」と映画をPRした。
映画「渾身 KON-SHIN」は、来年1月12日(土)全国ロードショー。

映画「渾身 KON-SHIN」公式サイト(http://kon-shin.jp/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える