• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

日本プロ野球名球会創立35周年記念誌『球極』が発売決定

 王貞治や長嶋茂雄らが在籍する「名球会」の創立35周年記念誌『球極』(学研教育出版刊)の発売が決定。11日に記者会見が行われ、名球会から山本浩二、柴田勲、学研教育出版から宮原博昭代表取締役、安藤聡昭編集長、堀場オサム企画制作統括が登壇した。

 次世代に残るものを作りたいと語る山本は「次世代の子供たちに語り継ぎたい。その思いからこの本の作成に当たりました。ぜひ全国の小中学校や図書館などに置いていただきたいです」と思いを明かした。

 柴田は「我々には野球しかない。だからこそ少年たちに野球の楽しさを教えて行きたい。海外のアジアの子供たちに野球の楽しさを知ってもらいたいと各地を周り野球を教えています」と野球に対しての熱い思いを語った。

名球会とは
投手では通算200勝、打者では通算2000本安打が条件で入会できる栄誉ある団体。
「社会の恵まれない人達への還元と日本プロ野球界の底辺拡大」をモットーに活動する団体は、野球ができない環境の子供たちの支援や、公演やチャリティイベントでの収入を慈善活動団体に寄付をしている

『球極』
・BOXケース、全288ページ上製本
・活躍の軌跡“特別編集”DVD、全会員レコードブック、名球会現会員寄せ書きサイン色紙(印刷)付き
初回限定特典:名球会ロゴマーク入り記念ボール
定価:12,000円+税
2014年7月25日(金)発売

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真