• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

佐藤健「志々雄は、パンダみたいでチャーミング」

 映画「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」の納涼イベントが、7月10日(木)東京・新宿ピカデリーで開催され、佐藤健、武井咲が登壇した。

 佐藤は、浴衣姿で来場したお客さんを見渡しながら、「今日は浴衣を着てきた方にはいいことがあるということで。浴衣好きの男にはすごくうれしい。僕も最近は毎日浴衣ですから」とコメントすると、武井がすかさず「嘘つけ」とツッコみ、会場は笑いに包まれた。

 そんな武井が着ていた緑色の鞠の柄が入った浴衣について、佐藤は、「キャベツの浴衣で斬新でハイセンス。かわいいですよ」とちゃかすと、武井は「ひどい! 全然うれしくない」と笑いながらむくれると会場からは笑いが起こった。

 また、一般のお客さんから事前に受け付けた“笑ったエピソードは?”という質問に、佐藤は、「藤原(竜也)さん演じる志々雄(真実)は、皆さんも見て分かる通り包帯グルグル巻きで怖いんですよ。目と口は特殊メイクで真っ黒なんですけど、包帯を取るとどうなるかっていうと、目のところが黒いからパンダみたいでチャーミングなんです」と笑いを誘った。

 最後に佐藤は「僕らもスタッフも他の作品に比べて思い入れもすごく強い作品です。たくさんの人に見てもらえたらと思っています」とPRした。

「るろうに剣心 京都大火編」
8月1日(金)~
「るろうに剣心 伝説の最期編」
9月13日(土)~
2部作連続で全国公開

公式サイト(http://wwws.warnerbros.co.jp/rurouni-kenshin

(C)和月伸宏/集英社 
(C)2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザーズ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える