• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『必殺』最新作、藤田まことの命日に放送 東山紀之が作品への想いを語る

 テレビ朝日系で2月17日(日)に放送される『必殺仕事人2013』のヒット祈願イベントが行われ、主演の東山紀之が登場した。

 2007年7月に「必殺仕事人2007」として復活以来、連続ドラマ、スペシャルドラマとして放送されてきた本シリーズ。最新作は、奇しくも藤田まことの命日である2月17日に放送されることになった。

 東山は「2007年から始めて、素晴らしい役をできているなと。藤田さんの命日に放送することもあり、後輩と共に頑張っていきたい」と意気込みを語った。

 俳優生活53年で初の悪役を演じる里見浩太朗については「里見さんは恩人。その人と殺陣(たて)を交わすのは光栄なこと。里見さんの想いを感じられて、あらためてすごいと感じた。すごい幸せだった」と東山。里見も「ずっと水戸黄門を演じており、立ち回りが久し振りだったこともあるが、立ち回りが楽しかった。久し振りに動いた。かっこいい東山くんを見た」と語り、互いに充実した撮影だったことを明かした。

 また、東山は時代劇について「時代劇は日本文化。里見さんやお亡くなりになっている藤田さんの想いを引き継いで続けていければ。歴史は人の想いが詰まっているので、大切に演じていきたい」と思いを語った。

 ヒット祈願では、3畳分ほどの巨大絵馬にフリーイラストレーター・茂本ヒデキチが墨絵で東山が演じる渡辺小五郎を描き、神社の神主に祈願してもらうことに。完成した絵を見た東山は「ニューヨーク美術館に飾りたい、番組やってて良かった」と。また「テレビ朝日も清められたみたい」と話し、番組に対し「この世界感を大切にし、ますます飛躍できるように頑張ります」とヒットを祈願した。

『必殺仕事人2013』は、テレビ朝日系で2月17日(日)後9・00から放送。

『必殺仕事人2013』公式サイト(http://asahi.co.jp/hissatsu2013/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える