• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

青文字系人気モデル・青柳文子主演「HARAJUKU CINEMA」公開決定

 青文字系人気モデル・青柳文子主演の映画「HARAJUKU CINEMA」が、8月16日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷にて公開されることが分かった。

 本作は、流行発信の地・原宿を舞台に、個性的なセンスを持つ“青文字系”人気モデル・青柳が主人公を務め、同じく青文字系モデルの中田クルミ、近藤夏子らとともに、同じ世代の原宿の女の子たちのさまざまな等身大の姿を描き出す。

映画「HARAJUKU CINEMA」
公開:8月16日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷にて
監督:小美野昌史『艶恋師』
出演:青柳文子『サッドティー』『受難』、中田クルミ、近藤夏子
脚本:池田智美 
撮影監督:倉本和人 
制作・配給:リンクライツ
宣伝協力:フリーマン・オフィス

公式HP(http://www.harajuku-cinema.jp/

【STORY】
フミコは原宿の所属事務所に籍を置いているが、モデルとしての将来に不安を感じていた。そんな彼女にマネージャーの井上は、先の仕事のことを考えて女優の道を勧めるが、乗り気でない彼女は演技のワークショップで課題が答えられず、講師の三浦から「人間に興味がない奴は役者になれない」と突き放されてしまう。そんな彼女を心配した井上は、テレビ局で見た番組に出演していた便利屋の亀島が話していた”復縁屋”のビジネスにほらめき、フミコを無理やり亀島の元でアルバイトさせることにする。最初はめんどくさいと思っていた彼女だったが、相談に来る人々に希望を与えながら癒していくカウンセリング的な要素を含む仕事だとわかった時、「HARAJUKU KAWAii!!」のイベント・リハーサルの合間を縫って”復縁”をコーディネイトするフミコには、この仕事が大事なものになっていた。そしてそれまで中途半端に物事を放棄していたフミコにも大きな転機が訪れる…

(C)2014「HARAJUKU CINEMA」フィルムパートナーズAll Rights Reserved

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える