• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

櫻井翔がクリーナー役に!?日立新CMで嵐が家電に大変身

 嵐がイメージキャラクターを務める日立アプライアンスの新CMが7月19日(土)よりオンエアされる。今回の新CMは、嵐のメンバー5人が出演する「5人の日立」篇と、櫻井翔が出演する「クリーナー・スゴい吸引力」篇。

「5人の日立」篇は、日立の家電に扮した5人が、工場の従業員に細かくチェックをされ、最後はそれぞれが各家庭と旅立っていくというユニークな内容となっている。

 それぞれの撮影で、櫻井は吸引力が自慢のクリーナーに成り切り、力強い吸引力で工場の従業員を持ち上げるシーンを撮影。超能力っぽく、吸い寄せる風に、との指示を受けた櫻井は「実際(の家電でも)こうなるんですか?!」と思わず監督に質問。実際は違うとの答えに「あーびっくりしたー(笑)」とお茶目な一面を見せる場面も。積極的に監督に確認するなど、吸引力を見せるための演技に工夫を凝らし、キッチリと家電に成り切った。

 続く相葉雅紀は、ラインで運ばれながらチェックを受けるシーンの撮影。ロボットにならず、表情はやわらかくとの難しい指示を受けるも、家電に成り切りながら人間らしさを残す表情を、絶妙に表現。チェックを通過して喜ぶシーンでは、それまで抑えていた感情を一気に出したかのように「イエス!」「よし!」と、いつものスマイルで喜びを表現した。

 松本潤は風量をコントロールする機能のチェックを受ける。23個のシャボン玉を吹くシーンでは、丁寧に優しく「フ~」と息を吹きかける。監督からの指示にもすぐに応える。撮影中には、作業をするスタッフに「大丈夫ですか?」などと優しく声をかける場面もあり、気配り上手な一面を見せる紳士ぶり。

 今回最も過酷なチェックに挑んだのは二宮和也。回転数のチェックを受ける撮影では台の上に立ち約20秒間ぐるぐると回り続ける。9回転ほどしたところでカットが入ると、少しフラフラしながら「あーすごい…。だいぶキます(笑)」と発言するも、笑顔を絶やすことなく撮影した。

 外観の確認を受ける大野智は、従業員5人がかりで近距離からジロジロ見つめるシーンの撮影。従業員からチェックされる心境や、チェックにパスした際の心境を、表情だけで見事に表現した。監督の細かい指示にもすぐに応えるなど、文句なしの演技力に思わず監督も「いいね!」と大絶賛。

 嵐5人全員が振り返って歩き出すシーンの撮影では、5人の歩き出すタイミングが合わずにバラバラになってしまい、監督の「カット!」の声と同時に全員笑い出してしまう場面も。しかし次のテイクでは、すぐに足並みをそろえ、抜群のチームワークを見せつけた。途中、二宮の靴に紙くずが付いていることに気づいたスタッフが指摘すると、二宮は「チェックしてもらったのに(笑)」とジョークを飛ばすなど、5人そろった現場はとても和やかな雰囲気に包まれた。

 また、櫻井が出演するクリーナー「スゴい吸引力」篇は、櫻井がクリーナーにふんし、散らかった子供部屋の物を勢いよく吸い込んでしまうといった内容。

 撮影では、子供部屋で無邪気に遊ぶ6歳の女の子と、クリーナー役の櫻井が初対面。「おはようございます!」と櫻井が笑顔で女の子に声をかけるも、照れてしまった女の子は緊張したのか何も言えない様子。そんな姿を見た櫻井は「分かりやすい照れ方だなー(笑)」と女の子の緊張をほどくように常に優しく接する。

 撮影中も女の子の演技に「うまい!すごいじゃん!」など声をかける櫻井の優しさに、自然に女の子もメロメロに。女の子をキャッチして抱きかかえるシーンで見せる、目を合わせた2人の自然体のほほ笑みに注目だ。

 日立アプライアンスの新CM「5人の日立」篇・「スゴい吸引力」篇は7月19日(土)よりオンエア開始。

日立アプライアンス公式HP(http://www.hitachi-ap.co.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える