• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

いとうあさこがフィギュアに挑戦!男性キャストにラブコール

 ディズニー・オン・アイス2014「デア・トゥ・ドリーム」東京公演の初日である7月19日(土)に、スペシャルサポーターのいとうあさこが登場した。

 東京初日公演限定で上演される「スペシャルパフォーマンス」として、いとうあさこは「塔の上のラプンツェル」の一場面「荒くれ者と歌うシーン」に挑戦。いとうは「スケートを教えてくれた先生のご尽力と一緒に踊ってくれた男性キャストが横にいたおかげで、すごい素敵な時間を過ごせました」と笑顔を見せた。スペシャルサポーターになった経緯を聞かれると、いとうは「32年前、ちびっ子スケート教室に3年間通っていたんです。そして、若手の頃に特技・スケートと書いたら、今回このお話がきたんです」と語った。

 男性キャストについては「すごいフェロモンが出ていました。支えてくれるシーンがあったんですけど、最初の頃はすごい重みをかけていたみたいで。あんなに笑顔の素敵な人が小さい声で『ふんっ』と言ったんですよ。だから、いつも『アイムソーリー。アイム62キログラム』って言ってたんです。そしたら、『OK』としか言わなかったんですよね」と振り返った。ほかにも「“あさこ”が言えなかったんです。だから、“あそこ”や“あせこ”とか。惜しかったんですけどね。でも、悪くなかったですね」とエピソードを照れながら語った。

 来年のディズニー・オン・アイスのペアチケットがプレゼントされると、いとうは「一緒に踊った彼と行けたらいいですけど、彼は出ると思うので…。最悪相手が見つからなかったら、大久保さん(大久保佳代子)と行けばいいかな(笑)」と言い、笑いを誘った。最後に点数を聞かれると「44歳の割には頑張ったので、末広がりの88点です」と胸を張った。

 ディズニー・オン・アイスは、2015年に日本公演30周年を迎え、新演目には『アナと雪の女王』の登場が決定。全国10都市118公演を予定している。

「ディズニー・オン・アイス」公式サイト(http://www.disney.co.jp/onice/

(C)Disney

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える