• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

佐藤健と夜中のカラオケ店で打ち合わせ 亀田誠治が「カノ嘘」の裏話を披露

「カノジョは嘘を愛しすぎてる」のDVD&Blu-ray発売記念イベントがタワーレコード渋谷店で開催され、ヒロイン小枝理子役を演じた大原櫻子、本作の音楽プロデュースを手掛けた音楽プロデューサー・ベーシストの亀田誠治が登壇した。

 映画&原作コミックどちらにも登場する「カノ嘘」の聖地・タワーレコード渋谷店でのイベントということで、大原は、「映画でもロケをしてライブもやった思い出の場所です」と感慨深げに語った。

 今回のイベントでは、発売中のBlu-rayに収録されている特典映像を見ながら「カノ嘘」について振り返りつつ、トークが展開された。

 まず、完成披露試写会の1日密着ドキュメントを振り返り、緊張した面持ちのシーンを見た大原は、「映画の最初のシーンが東京ドームシティでそこで完成披露をやると聞いて、あそこにお客さんがいっぱい入ったらどうなっちゃうんだろうと心配になっちゃっての硬直した顔ですね。主演の佐藤健さんが笑わせて緊張をほぐしてくれました」とエピソードを語った。すると、そんな大原の姿を見ていた亀田は、「ステージの袖で見てたんだけどみんな緊張していてこちらも手に汗握って見てましたよ。ステージパパみたいに(笑)」と語った。

 また、劇中歌の「ちっぽけな愛のうた」を書き下ろす際、歌詞を作る上で佐藤といろいろ意見交換をしたという亀田は、「健くんは秋のキャラクターとして『秋はこういうことは言わないと思う』など積極的に意見を言ってくれて夜中にカラオケ店で会って打ち合わせとかしました」という裏話も披露。

 トークショー後半では、観客からの質問コーナーが実施され、“お互いにどういうところが好きですか?”という質問に大原は、「とにかく人にもモノにも全てに優しくて、いるだけでほわっとした空気になるんです」と癒し系プロデューサーぶりを語り、亀田も「とにかく素直なところですね。誰の話もちゃんと素直に聞く。素晴らしいです」と褒めちぎった。

 その後、スペシャル・アコースティックセッションが行われ、1曲目の「ちっぽけな愛のうた」では、佐藤が撮影時に使用していたベースを借りて亀田が演奏。2曲目にはカノ嘘スピンオフ・シングルとして好評発売中の「頑張ったっていいんじゃない」を披露した。

「カノジョは嘘を愛しすぎてる」公式ホームページ(http://kanouso-movie.com/
Blu-ray&DVD発売中(http://www.amuse-s-e.co.jp/kanouso/
発売元:フジテレビジョン 
販売元:アミューズソフト

(C)2013青木琴美・小学館/「カノジョは嘘を愛しすぎてる」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える