• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ヒストリーチャンネルで『ザ・ワールド・ウォーズ~権力者が生きた世界大戦~』日本初放送

 世界最大の歴史エンタテインメント専門チャンネル「ヒストリーチャンネル」が、チャンネル初となる日本を含む世界12地域で共同制作した超大作シリーズ『ザ・ワールド・ウォーズ~権力者が生きた世界大戦~』が8月9日(土)、10日(日)に日本初放送される。

 本作は、1914年6月28日のサラエボ事件をきっかけに7月28日に開戦した第一次世界大戦から今年で100周年を迎えたことを記念して制作。第一次世界大戦から1945年の第二次世界大戦の終結まで、30年にわたる2つの戦いを“ひとつの戦争”としてとらえ、最新CGを駆使した圧倒的なクオリティの再現ドラマと当時の貴重な映像、そして著名人や専門家のインタビューで構成したドキュメンタリーとなっている。

 大戦を経験した世界各国と共同制作できることは、グローバルに展開するヒストリーチャンネルならではの特徴で、第66回エミー賞でドキュメンタリー部門作品賞にもノミネートされ、世界160か国以上で放送が予定されている。

 インタビューには、コリン・パウエル元アメリカ国務長官、ジョン・メージャー元イギリス首相、マリオ・モンティ元イタリア首相のほか、日本からは等松春夫防衛大学校教授、小谷賢防衛省防衛研究所戦史研究センター主任研究官が出演している。

『ザ・ワールド・ウォーズ~権力者が生きた世界大戦~』
ヒストリーチャンネル
8月9日(土)、10日(日)日本初放送

■各話エピソード
第1話 運命を変えた戦い
8月9日(土)放送
1914年の塹壕の戦いから幕が開く。第二次世界大戦での指導者たちがまだ若者だったこの頃を描く。

第2話 内なる葛藤
8月9日(土)放送
ヴェルサイユ条約で得た領土はどの国にとっても納得できるものではなく、ただ次なる対立の火種を撒いただけになった。

第3話 台頭する男たち
8月9日(土)放送
狂騒の20年代は前例のない繁栄を見せたが、株式が暴落しアメリカは大恐慌に突入。ヒトラーはこの騒乱を利用して政治勢力を伸ばした。

第4話 再び戦火へ
8月10日(日)放送
イギリス軍が壊滅の危機にさらされる中、ドイツ軍と同盟を組んだ日本軍はフランス領インドシナに進駐。アメリカは日本に原油禁輸措置を取った。

第5話 決死の覚悟
8月10日(日)放送
アメリカ海軍は真珠湾攻撃で大打撃を受け、ルーズベルトは太平洋の優先戦略を取る決断を下し日本に宣戦布告する。

第6話 それぞれの終戦
8月10日(日)放送
原爆投下とソ連の宣戦布告により、日本は降伏し、戦争は終結した。それぞれの権力者の結末を伝え、物語が完結する。

特設サイト(http://www.historychannel.co.jp/taisen/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える