• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

齋藤工が監督作「半分ノ世界」トークショーにサプライズ登場

 ナカメキノが主催する映画の無料上映&トークイベント「ナカメキノ Vol.14」にて、ソフトバンクモバイルのスマートフォン向け総合エンタメアプリUULAで好評配信中のオリジナルショートフィルム「半分ノ世界」がシークレット上映され、主演を務める田辺桃子と監督の齋藤工がサプライズ登場した。

 本作は、音楽・映像業界の活性化、新進気鋭の若手クリエイターの発掘を目的に、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア (略称:SSFF & ASIA)」とUULAとの特別製作プロジェクトとして、映像と音楽の融合をテーマに製作されたオリジナルショートフィルム。

 本作のシークレット上映後、田辺がサプライズ登場し、映画文筆家・松崎健夫、映画解説者・中井圭とのトークショーが行われ、撮影現場でのエピソードや齋藤監督の演技指導についてなど、普段は聞くことのできない話が語られた。

 田辺は、「主演をやらせていただいたのは今回が初めてで、演じた役どころも難しかったです。今回の役はセリフがほとんどなかったので、どうやって想いを伝えるかを、撮影中に齋藤監督と考え、目線とか歩き方を意識して演技しました。15分という短い時間のなかで、見た人にどれだけ印象付けられるかが、ショートムービーの面白さであり、大変な部分でもありました。でも、齋藤監督からも演技指導していただき、とても勉強になりましたし、とても素敵な方だなと感じました(笑)。私は『真面目そう』とか『おとなしい』というイメージらしいので、今後はそれを壊すような役を演じてみたいです」と語った。

 さらに、第二部トークショーには、齋藤が急遽サプライズ登場。斎藤は、「この作品を見た関係者の方から、田辺桃子さんを使いたいというオファーがあり、とてもうれしかったです。また、今回サプライズ上映となりましたが、15分間という時間をくださったナカメキノの来場者の皆さんに感謝しています」とメッセージを送った。

UULA(http://uula.jp
ナカメキノ 公式サイト(http://nakamekino.jp/

「半分ノ世界」(http://www.shortshorts.org/2014/program/post_540.html
アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア (略称:SSFF & ASIA)」を主宰する俳優・別所哲也からのオファーを受け、齋藤工自身が大ファンだというアーティスト・大橋トリオの楽曲「HONEY」に込められた世界観をモチーフに、物語を生み出すという新たな映像表現に挑戦。女子高生(田辺桃子=14)と定時制高校に通う男性(井浦新=39)の心の交流を描く物語で、わずか15分に凝縮された数々のテーマと緻密な演出が評判を呼んでいる。
現在、スマートフォン向け総合エンタメアプリUULAで配信中。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える