• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「娘とも一緒に楽しめそう」西山茉希がGALAXY新作披露パーティーに登場

 サムスン電子ジャパンは31日、GALAXYシリーズの新作タブレット「GALAXY Tab S」の披露パーティーを開催し、モデル・女優とマルチに活躍する西山茉希と、フラワーアーティストのニコライ・バーグマンがトークゲストとして登壇した。

 会場には同製品の高精彩画面をイメージし、ニコライが約50種類、2万本の生花を使って作り上げたフラワーウォールが演出。ゲストのニコライは、「スーパー有機ELディスプレイの奥行きや色のニュアンスに感激し、フラワーデザインを考えた」とコメントした。また、タブレットを実際に使用した感想は「写真を撮るのが楽しくて、色味が細部まで再現されるから、対象物を寄りで撮るのもいつもより楽しめた」と語った。

 同製品でタブレットデビューした西山は「実際に使ってみてすごく楽しかったです。早速自分の携帯のデータをタブレットに移して写真を見たのですが、スマホで見ているときとテンションが全然違いますね」とコメント。また1児の母親でもある西山は、スマホで撮った娘の写真を公開し「今はもう娘の写真ばっかり撮っていますね。タブレットにはキッズモードもついているので娘とも一緒に楽しめそうです。ハンドバッグにも入る大きさですし、入らなくてもケースなどに入れて持ち歩けるので、常に持ち歩きたいですね。機械音痴な私でも楽しく使えるので女性の方にもぜひ試してほしいです」とアピールした。

 イベント終了後の囲み取材では、西山と親交の深いモデルの山田優の話題に。「私は機械オンチなんですけど、優は正反対。優の方が(同製品を)上手に子育てに活用すると思う。私が教えてもらわないと」と明かした。現在妊娠中の山田について「昨日も一緒に居たんですけど、伸び伸びとマタニティーライフを送っていて、私も一緒に楽しんでいます。今から『早く子どもも一緒に遊びたいね』って話しています」と友人の出産を心待ちにした。

「GALAXY Tab S」これまでにない圧倒的な色の表現力、鮮やかさ、明るさを実現。濃いエメラルドグリーンの色域や、暗い環境下でのシャープな写りなど、従来のタブレットでは表現できなかった色彩まではっきりと映し出し、100倍の高コントラスト比を実現した。軽量性にもこだわり8~9インチクラスのタブレットでは最薄・最軽量の約6.6㎜、294gとなっている。さらに、2画面同時操作やギャラクシーのスマートフォン端末との連動機能など、業務効率化を高めてくれる機能も搭載されている。

「GALAXY Tab S」は8月1日(金)より、全国の「GALAXY SHOP」にて販売が開始される。

サムスン電子ジャパン公式サイト(http://www.samsung.com/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える