• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

タランティーノ絶叫!「俺の“ピー”な映画を見やがれ!!!」

「ジャンゴ 繋がれざる者」の日本公開を前にクエンティン・タランティーノ監督が来日し、東京・新宿ピカデリーで行われたスペシャルスクリーニングイベントに登場した。

「ジャンゴ 繋がれざる者」は、英国アカデミー賞で脚本賞、助演男優賞を受賞、アカデミー賞でも5部門ノミネートされ、タランティーノ史上最高のヒット作として世界中を熱狂させている話題作。日本では3月1日(金)より公開される。

“18歳以上の男子限定!バレンタランティーノ・ナイト!”と題したこのイベント。タランティーノ監督は、事前に配られた「ジャンゴ特製Tシャツ」を着た観客で埋め尽くされた会場の客席から、握手やハイタッチをしながら登場。英国アカデミー賞の受賞式に出席したその足で日本に駆けつけたが、「イギリスからすぐに東京に来ました。また来れてうれしいよ。この20年間何度も来ていますが、来るたびサイコー!タラちゃんis HOT!!!!(客席を見て)Welcomeのサインを出してくれているキミ、ありがとう!!」と疲れを感じさせないハイテンションぶり。

 この日はバレンタインデー前日ということで、タランティーノ監督から観客にチョコレートがプレゼントされることに。チョコレート弾が発射されるキャノン砲にタランティーノ監督は「銃からチョコが出るなんて、これが真のバレンタランティーノだね!!」と大喜びで、会場からは拍手が沸き起こった。

 最後に「今日は来てくれてありがとう。自分のハートと魂を注いでつくった映画なので、楽しんでもらえるとうれしいな!もう写真はいいよ!みんな待ちきれないよね!映画観ようぜー!!」と日本のファンにメッセージを送ったタランティーノ監督。ここでイベント終了かと思いきや「ちょっと待った。まだ言いたいことがあるんだ。やらなければいけないことはちゃんとやったよ。そろそろショーをおっぱじめようじゃないか」と話すと、「みんな『ジャンゴ』を観たいか?」「聞こえないよ!」「もっと大きな声で!」と観客とコール&レスポンス。さらに「俺の<放送禁止用語>な映画を見やがれ!!!」と絶叫、マイクを床に投げつけてものすごい勢いで退場し、会場を沸かせた。

「ジャンゴ 繋がれざる者」は、3月1日(金)より丸の内ピカデリーほか全国ロードショー。

「ジャンゴ 繋がれざる者」公式サイト(http://www.sonypictures.jp/movies/djangounchained/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える