• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「男はつらいよ」寅さん名言ベスト3が決定

(c)1969 松竹株式会社~(c)1997 松竹株式会社

 国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の廉価版DVDが発売され、それを記念して2014年版最新ランキング第二弾となる「寅さん名言ベスト3」が決定した。

 作中で語られる寅さんのセリフは、現在、東京新聞で「寅さんのことば」をテーマに連載されており、そこで取りあげられたすべてのセリフを収録したCDが今年発売された。さらに、2012年に公式Facebook「男はつらいよ(寅さん)」にて恋多き男・寅さんの恋愛や失恋にまつわる名言を紹介した際には、12万人からの「いいね!」も集まった。

 今回の名言ベスト3で第1位を獲得したのは、1987年公開の「男はつらいよ 寅次郎物語」での満男との会話の中でのひと言、「何というかな。ああ、生まれて来てよかった、そう思うことが何べんかあるだろう。そのために生きてんじゃねえか。そのうちお前にもそういう時が来るよ、な? まぁ、がんばれ」。

 第2位には、第1作「男はつらいよ」での寅さんらしい名言「ザマ見ろ、人間理屈じゃ動かねえんだ」、第3位には、「インテリというのは自分で考え過ぎますからね。そのうち僕は何を考えていたんだろうって、分かんなくなってくるんです。つまり、このテレビの裏っ方でいいますと、配線がガチャガチャにこみ入ってるわけなんですよね、ええ、その点、私なんか線が一本だけですから、まあ、いってみりゃあ、空っぽといいましょうか、叩けばコーンと澄んだ音がしますよ、殴ってみましょうか?」、「男が女に惚れるのに歳なんかあるかい」の2つが選ばれた。

 今回のアンケートについてファンからは、「満男の問いに寅さんがさらっと答えたこの言葉は、幸福とは何かということも考えさせられて、寅さんはやっぱりすごいと感じたセリフです」、「寅さんって、ロックだな、と思います」というコメントが寄せられている。

「男はつらいよ」松竹公式サイト(http://www.tora-san.jp/

『男はつらいよ』シリーズ HDリマスター版 全49作
2008年に発売したHDリマスター版(高品位収録)、待望の廉価版にて発売
完全バリアフリー再生機能付き(日本語・英語字幕/音声ガイド)
撮影時オフショット写真や、寅さんの名シーンをイイとこどりしたスペシャル特典映像 「寅さんが好き」を収録。
映像、音声から特典映像まで、山田組のスタッフが総合監修に参加、こだわりのクオリティを追及。

■STAFF
原作:山田洋次
監督:山田洋次 (第1・2作、5~48作) 森﨑東(第3作) 小林俊一(第4作)

■CAST
車寅次郎:渥美清
さくら:倍賞千恵子
諏訪博:前田吟
満男:中村はやと(2~26作) 吉岡秀隆(27~48作)
おいちゃん:森川信(1~8作) 松村達雄(9~13作) 下條正巳(14~48作)
おばちゃん:三﨑千恵子

映像特典(予告編/スペシャル特典映像「寅さんが好き」)を収録
セルDVD 価格:各巻 ¥1,800+税
発売・販売元:松竹

(c)1969 松竹株式会社~(c)1997 松竹株式会社

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真