• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

セカオワがファンの「スターライトパレード」大合唱で舞台挨拶に登場!

 SEKAI NO OWARI初の映画『TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI』の先行上映舞台挨拶が、8月8日に都内映画館で行われた。

 ライブのアンコール時同様、代表曲「スターライトパレード」のファンの大合唱で迎えられたメンバーたち。「こういう舞台挨拶って初めてなんですけど、俺のために集まってくれてありがとうございます」と冗談を交え、DJ LOVEが挨拶。映画の舞台挨拶で記者からカメラを向けられるのはどうかとの問いに「まぶしいです」(Fukase)、「想像してたのより、だいぶまぶしいです」(Saori)と声をそろえた。

 メンバーの中で一番演技シーンが多かったFukaseは、まだ映画を見ていないというが「まだ見る気はないんですけど、予告を見たらSaoriちゃんが『私のどんな演出よりも、彼の歌声には適わない』というのを見て、なんて面白い映画なんだと思って、見たいなと思ってんですけど、ぐっと我慢しました(笑)」と話すと、Saoriは「人がまじめに言っているインタビューをこういうふうに言うんです」と仲の良さを見せた。

 映画には基本的に台本がなかったようで、「今思いついたからこういうふうにやってみて、とその場で言われるんです。修羅場のシーンも言われたから、まじめにやるわけですよ。それで『OK!』と言われてパッと見ると、監督が爆笑してるんです。これ使われんのかなと心配だったんですけど、ちゃんと使われていてよかったです」とDJ LOVEが撮影中のエピソードを披露。

 Fukaseが泥酔していた最後の打ち上げのシーンは「あれは私たちがいつも見ている通称“ブラックFukase”と呼んでいる、悪魔のようなFukaseくんの入口“グレーFukase”くらいで第五形態くらいある中の第一形態ですね」とSaoriがFukaseの酒癖の悪さを暴露すると、続けてFukaseが「第五形態まで行くと足が折れます(笑)」と笑いを誘った。

 ここで、サプライズゲストのウーマンラッシュアワーが登場。「マジでこの中で仲悪いメンバーとかいてないんですか?」と中川パラダイスが質問すると、Fukaseは「僕とSaoriちゃんはたまにけんかしますけど、NakajinとDJ LOVEは絶対怒らないですね。Nakajinとは小学校から一緒ですけど、一回もけんかしたことがないです」と二人はかなり寛大な性格だそう。

 映画について村本大輔は「ドキュメントとファンタジーの間というか、SEKAI NO OWARIのプライベートが見られたり、ファンの方も結構でていて、みんなで作り上げている映画なので、SEKAI NO OWARIを知らない人でも楽しんで見れる映画だと思いました。(カラオケのシーンがとても楽しそうで)こういう仲でずっとであってほしいとも思いました」といち早く映画を見た感想を語った。

 最後にメンバーたちは「普段あまりカメラに写ることないスタッフたちも写っているんです。普段一緒に仕事をしている仲間たちを紹介できてうれしいので、見ていない方におすすめしてほしいです」(DJ LOVE)、「いろんな初めてのことにトライしているので、いろんな人に私たちの初挑戦を見てもらいたいのと、映画にも写っていたんですけど、10月にライブがあるので、ぜひライブにも足を運んでほしいと思います」(Saori)、「10月に新曲『Dragon Night』もリリースされるんですが、まだ映画でしか聴けないと思うので、早めに聴きたいという方がいれば、また映画館に足を運んで欲しいです」(Fukase)、「今回フランス人の監督と撮って、いろんな場所で撮ったり、いろんな要素が入ってくるということが企画書に書いてあったので、一体どんな作品になるんだろうと不安もあったんですが、実際見てみたら予想できないような展開で最後まで楽しく見られたので、すごくいい作品になったなと思いました」(Nakajin)とそれぞれが初めての映画をアピールした。

『TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI』
8月15日(金)全国ロードショー
配給:東宝映像事業部
映画『TOKYO FANTASY』公式HP(http://sekainoowari.jp/tokyofantasy2014/

(C)2014TOKYO FANTASY FILM PARTNERS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える