• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

せいじ×若林の異色MCが変人さんを紹介!若林の“フライング”な趣味とは

 千原せいじ、オードリー・若林正恭がMCを務める『ヨルスパ!フライングMAN~先を行き過ぎてる凄いヤツら~』が17日(日)深夜1・35より関西テレビで放送される。

 番組では、現代日本で先を行き過ぎた偉人や天才、奇才のことを“フライングMAN”と呼び、変人扱いされてもなお我が道を極めようとする彼らの生き様や魅力を余すことなく公開。

 多摩川の河川敷で行った2泊3日の自給自足生活を動画サイトで公開し、注目を集めたサバイバル愛好家・カメ五郎や、“よしもとロボット研究所”に所属しさまざまな作品を手がけてきたエンタメーカーユニットのバイバイワールド、頭から足先までピンクファッションに包まれた原宿系ファッションリーダー・木村優の3組が登場し、凡人には到底理解できない日常生活に迫っていく。

 収録を終えたMCの2人に感想を聞いてみると「みんなそれぞれインパクトがあったけど、バイバイワールドはテイストがちょっと違う感じ。頑張れ!って応援したくなったわ」(千原)、「確かに、振り返るとちょっと別ジャンルな気がしますよね。いま思うと一番まともな感じでした」(若林)と、インパクトの強い3人に押され気味だった様子。

 中でも作品をいたく気に入った千原は、「意味の分からんものに金をかけるのはいい!」と収録でも絶賛していたそう。

 周りに共感してもらえないフライング気味な趣味や嗜好の質問には、若林から「家で一人飲みをしながら、毎日ジェンガのギネス記録に挑戦してる」と何とも彼らしい回答が。
「テレビの打ち合わせでその話をしても、どの番組も採用してくれないです。なかなか理解してもらえなくて悲しい。楽しいのに理解されないことって人それぞれあるかもしれないですね」とフライングな日常生活を明かした。

 一方の千原は「東京の劇場終わりで“ほな、今日は祇園まで飲みにいこか!”とか“福岡飲みにいこか!”っていうと、みんな結構“えっー!?”っていうリアクションするから、そんなんのっかるとこやのになぁって思うんやけどね。みんな移動距離に、ものすごいビビッてるみたい。思いつきでどっか行くのって一番楽しいやん。例えば、さっきまで東京おったのに、いま八坂さん(八坂神社)の前やん!みたいなさ」と若林とは対照的に、超活動的なプライベートを話していた。

 MCとして共演した印象を聞いてみると「僕はかなり人見知りで、カメラが回る前にしゃべることってあんまりないんです。でも、せいじさんは『M-1グランプリ』直後くらいからすごい話かけてくださっていて。パーソナルスペースのフライングをしてくれているので、収録も自然と楽しくしゃべれました! ただ、せいじさんがフライングMAN側につくこともあるので、戸惑ってしまう場面もありましたね(笑)」と自由奔放な千原に振り回されながらも
異色のタッグを楽しめたよう。

 千原も「いや、思てた通りでした。楽しくできたわ」と感想を述べ「番組の山場は見る人それぞれが見つけてくれたらええな!」と見どころをPRした。

『ヨルスパ!フライングMAN~先を行き過ぎてる凄いヤツら~』は関西テレビにて17日(日)深夜1・35より放送。

『ヨルスパ!フライングMAN~先を行き過ぎてる凄いヤツら~』公式HP(http://www.ktv.jp/flyingman/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える