• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ロビン・ウィリアムズ追悼『いまを生きる』WOWOWプライムで放送

(c) Touchstone Pictures. All rights reserved.

 8月11日に63歳で亡くなった、ハリウッドを代表する俳優・ロビン・ウィリアムズを追悼して、WOWOWでは、代表作の1つである「いまを生きる」(89年・米)を、8月30日(土)後1・00からWOWOWプライムで「ロビン・ウィリアムズ追悼番組『いまを生きる』」として放送する。ロビン・ウィリアムズが全寮制学校の男子生徒たちを導く型破りな教師役を好演した感動作。

「いまを生きる」(1989年アメリカ)
監督:ピーター・ウィアー
製作:スティーヴン・ハフト
製作:ポール・ユンガー・ウィット
製作:トニー・トーマス
脚本:トム・シュルマン
撮影:ジョン・シール
音楽:モーリス・ジャール
出演:ロビン・ウィリアムズ (役名:ジョン・キーティング)、イーサン・ホーク (役名:トッド・アンダーソン)、ロバート・ショーン・レナード (役名:ニール・ペリー)、ゲール・ハンセン (役名:ダルトン)、ジョシュ・チャールズ (役名:ノックス)、ディラン・カスマン (役名:キャメロン)、カートウッド・スミス (役名:ニールの父親)

■ストーリー
1959年バーモント州。伝統あるウェルトン高校では厳格な校風の下、生徒たちは抑圧されていた。同校のOBでもある新任の英語教師キーティングは彼らにラテン語の“カーペ・ディエム(いまを生きろ)”を教え、それに触発された生徒たちは在学当時のキーティングのように詩の愛好会を結成し、自分を表現することに熱中していく。やがて会の一員で医師になることを家族に望まれたニールが演劇に目覚めたことから意外な事態へ。

 
『いまを生きる』を放送!WOWOWがネットからの加入申し込みですぐ見られる!
 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える