• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「ファースト・クラス」編集部でのバトルは本当に存在する?

「a-nation island powerd by in ゼリー」が、8月14日(木)~8月20日(水)に東京・国立代々木競技場 代々木体育館ほかで開催された。その中で、15日(金)の「island collection by Numero TOKYO」では、「Numero TOKYO」(扶桑社)と10月に続編が決定した「ファースト・クラス」(フジテレビ系)とのコラボステージが行われ、トークショーには、出演者のLiLiCo、石田ニコル、田中美麗(SUPER☆GiRLS)、「Numero TOKYO」の田中杏子編集長、同ドラマのファッション監修を務めたエディトリアル・ディレクターの軍地彩弓が登壇した。

 同イベントは、夏休みの渋谷を舞台に、ライブだけでなくファッション、フード、アトラクションがあふれるエンタテインメントタウンフェス。

 この日は、ライブ「ROCK NATION」も行われ、FTISLAND、CNBLUE、シシド・カフカなども参加し、ロックでパワフルなステージを見せた。

 そして、同ファッションショーでは、ファッション誌を舞台にさまざまなエディターズルックを披露。トークショーでは、同ドラマについてのトークが展開された。

 モデルのERENA役を演じた石田は、「ドラマに出演してから私のことを知っていただける方が増えたのがうれしいです。ですが半面、出会ったときに『うわっ!』って言われたりしたのですが、それもありがたいことですね」と語った。役については、「普段はごみ箱を蹴ったり、鞄を叩きつけたりしたことがないので、そういうことを振り切ってやって楽しかったです」と語った。

 LiLiCoは、菜々緒演じる川島レミ絵の心の中の声をプライベートでも使うことがあるらしく、「タクシー運転手に対して、“LiLiCoミサイル”発射まで5,4,3,2,1…『あのね~、道が全然違うんだけどー』と、自分を一度落ち着かせるために“LiLiCoミサイル”を使っています」と言って、会場を笑わせた。

 同ドラマで起こることは、編集部で本当に行われているのかという問いに対して、田中編集長は、「近いものはありますね。撮影場所の取り合いや、他誌とリースのアイテムやフォトグラファーを取り合ったり。『Numero TOKYO』の立ち上げ時にもフォトグラファーにOKもらっていたのに、次々とキャンセルになったこともありました」とのエピソードを語った。

 また、ドラマの中では「ディオール」や「グッチ」などのハイブランドが衣装を提供してくれ、軍地はそのバッグが撮影中に叩きつけられるのを見ながら、「●●万円するのに!」とハラハラしたという裏話も披露した。

「a-nation island powerd by in ゼリー」公式HP(http://a-nation.net/
ドラマ「ファースト・クラス」番組ページ(http://www.fujitv.co.jp/firstclass/

ライブ「ROCK NATION」
出演:FTISLAND、河村隆一、CNBLUE、シシド・カフカ、MICHAEL、EDGE of LIFE<OPENING ACT> ほか ※50音順

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える