• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

日本で唯一のストームチェイサー・青木豊…嵐に魅せられた男の挑戦に密着

(C)MBS

 8月24日(日)の「情熱大陸」(MBS/TBS系列全国ネット 後11・00~11・30)は、日本でただ1人のストームチェイサー・青木豊に密着する。

 ストームチェイサーとは、ストーム(嵐)チェイサー(追跡する人)という言葉の通り、竜巻を車で追いかけて映像に記録する専門家。青木はフリーカメラマンとして、日本でただ1人ストームチェイサーを名乗り、竜巻だけでなく雷・雹など、積乱雲から生じる荒々しい気象現象全般を撮影している。

 青木がストームチェイスに興味を持ったのは7年前のこと。偶然撮影に成功した雷がきっかけだった。それからは地元・茨城県の西部周辺をフィールドに、撮影用とムービー用のカメラ2台と三脚、そして移動用の車という、いたってシンプルな装備で悪天候の空をカメラに収め続けている。

 番組では、青木がストームチェイスの本場・アメリカ中西部に初めて渡り、「竜巻街道」と呼ばれる竜巻の多発地域での撮影に挑む姿に密着。1日に500km~1000km、6日間で4000km以上という長距離を車で走りながらの撮影は成功できたのか。

 荒ぶる空に魅せられた男、日本人ストームチェイサー・青木豊の挑戦を追う。

■青木豊プロフィール
1968年 茨城県生まれ。
写真館の次男として生まれ家業を継ぐも、写真のデジタル化の波にのまれて廃業。その後、フリーのカメラマンに転向する。
7年前、偶然撮影した雷の写真をきっかけに、気性現象に興味を抱く。
独学で気象学を学んだのち、悪天候の追跡と撮影に没頭する。
撮影フィールドは北関東の内陸部が中心。
落雷、雹、竜巻、積乱雲が元で発生する気象現象など、狭い範囲で発生する極地現象を撮影対象としている。

「情熱大陸」
公式サイト…(http://www.mbs.jp/jounetsu/)
公式facebook…(https://ja-jp.facebook.com/jounetsutairiku)
公式Twitter…(https://twitter.com/jounetsu)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える