• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

宮沢りえ「今まで見たことのない自分の顔があって衝撃だった」

 映画「紙の月」の完成報告会見が、8月21日(木)都内で行われ、宮沢りえ、大島優子、小林聡美、吉田大八監督、原作者の角田光代が登壇した。

 本作は、角田の長編小説「紙の月」を映画化したもので、主演の宮沢演じる平凡な主婦で銀行の契約社員として働く梅澤梨花が、あるきっかけで巨額横領事件を起こすというノンストップ・サスペンスだ。宮沢は、今作が7年ぶりの映画主演となる。

 まず、登場した宮沢は、「この7年間フツフツとためておいたものを、本当に出しきったという感じがあります。今までにやったことのない役ですし、戸惑いもあったんですが、監督のリードによって梨花という役の輪郭がどんどんはっきりとしていく撮影現場は、楽しいというだけではなかったですけど、とても濃密でした」と振り返った。

 今作のオファーがあった際の感想を問われた宮沢は、「衝撃的なシーンもありますし、今までやったことのない役だったので、すぐに「やる!」とはならなかったのですが、監督とお仕事をしたいというのと、見たことのない自分に出会いたいという気持ちで受けさせていただきました。案の定、画面には本当に見たことのない自分の顔があって、衝撃でした」と語った。

 梨花と対照的な厳格でストイックな先輩社員・隅より子役を演じた小林は、どんなことを意識して演じたかという質問に対し、小林は、「普段は、親しみやすい庶民的なキャラクターなので、台本を読んだときは、勤続20年以上の仕事のできる銀行員ということで、とっつきにくいような人に見えるような恐い感じでやってみたんですけど、想像以上に怖くなっちゃって、自分で見ても恐かったです」と言うと、会場は笑いに包まれた。

 大島には、監督の演出についての質問が振られ、「目線、手の高さにしても、1つひとつ丁寧に教えてくださいました。モニターのところから走ってきて、ボソボソとした話し方で教えてくださるのを聞くと、耳にスーっと入ってきて心に落ちるんですが、それが、意図的なのか、本能なのか分からないので、ズルい男性だなと思いました(笑)」と語った。

 また、梨花とより子が最後の方で対峙するシーンについて、小林は、「見方によっては、戦っているように見えるんですが、その中で共感し合う部分が役柄ではなく自分たち自身にもあって、そういった意味では、役以上に宮沢さんと心が通じ合って、お芝居できたシーンではないかと思います」と語った。

 宮沢は、「悪やいろんなものが監督の手によって培養されて膨らんでいるピークのときだったので、とてつもない緊張感ではあったんですが、梨花という役が私の中にこびりついていたので、あのシーンが特別であるとは感じなかったんですけど…」と撮影時の気持ちを一つ一つ思いだしながら丁寧に語りつつも、「私は、聡美さんのファンだったので、いつかご一緒したいと思っていたんですが、もっと穏やかなシーンがたくさんあるもので共演したかったなというちょっとした愚痴みたいなものは言った気がします(笑)。でも、あのシーンは興奮のマックスにいながら静かなエネルギーを出し合うという素晴らしい時間でした」と笑いを誘った。

映画「紙の月」
11月15日(土)全国ロードショー

出演:宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司、小林聡美
原作:角田光代「紙の月」(角川春樹事務所刊)
監督:吉田大八
脚本:早船歌江子
製作プロダクション:ROBOT
製作:「紙の月」製作委員会
配給:松竹

公式HP(http://kaminotsuki.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える