• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

宮野真守「興奮しすぎてジュ、ジュワ~」新劇場版『頭文字D』をPR

「新劇場版『頭文字D』Legend1-覚醒-」初日舞台挨拶が行われ、藤原拓海役の宮野真守、高橋啓介役の中村悠一、武内樹役の白石稔、池谷浩一郎役の土田大、茂木なつき役の内田真礼、藤原文太役の平田広明、松浦裕暁CGクリエイティブプロデューサーが登壇した。

 壮絶な公道最速バトルを通して“走り屋”たちの青春群像を描いた、しげの秀一原作の『頭文字D』は、1995年から18年間にわたって「ヤングマガジン」(講談社)に連載され、TVアニメ・実写化もされている。今回の劇場版は新3部作で、Legend1はその第1弾となっている。

 宮野は「ついに公開初日を迎えることができて、感無量です。少しでも皆さんに魅力を伝えられるようにお話していきたいです」と挨拶。拓海の父親であり豆腐屋を営む、文太を演じる平田は「朝早いですが、朝ごはんは食べましたか?朝ごはんといえば和食。和食といえば、豆腐でございます。本日のファッションのポイントは“絹ごし”をイメージしました」と。宮野が「嘘でしょ!豆腐ファッションだったんですか!?」とツッコむと、平田がすかさず「お前、何真っ黒な格好をしているんだよ!」と反撃。宮野は「ちょっと日がたっちゃって、黒くなっちゃいました(笑)」と返し、笑いを誘った。

 映画について宮野は「今回の『頭文字D』は、新劇場版として新しく走り出した作品なので、僕らが新しくできることってなんだろうなと考えながら誠心誠意臨んだ作品です。拓海は、思春期に目標や、やりたいことを見つけていく高校生らしさを大事にしながら演じました」と語った。

 映画に登場する車「ハチロク」にちなみ、8秒か6秒かを選び、映画の見どころを言う企画では、代表として宮野と中村が対決。宮野は8秒を選び「あの新しい技術を取り入れた拓海と啓介の大迫力バトルがもうすごくて、興奮しすぎてジュ、ジュワ~…終わり」とPRし、会場は大爆笑。中村は6秒を選び「茂木が~すごく~かわいい」と茂木を褒め称えた。勝敗を決めることになった内田は「すごく迷ったんですが…中村さんで」と茂木を褒めた中村を選んだ。

 最後に宮野は「人気・歴史のある作品なので相当なプレッシャーはあったんですが、僕らにできることを真っすぐに向かってかなり熱い思いを込めて、臨んだつもりです。映像もかなりこだわって作られていて、僕が見た時も迫力がすごくて圧倒されました。何回も観て、楽しんでいただけたらと思います」とメッセージを送った。

「新劇場版『頭文字D』Legend1-覚醒-」は全国公開中。第2弾「新劇場版『頭文字D』Legend2-闘走 -」は、2015年初夏全国公開。

新劇場版『頭文字D』公式サイト(http://initiald-movie.com/

(C)しげの秀一/講談社・2014新劇場版「頭文字D」製作委員会
配給:松竹

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える