• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

どぶろっく江口「高い志を持って、芸能人を抱いてみたい」

 チャンネル銀河で中国歴史ドラマ「水滸伝」が放送されることが決定し、その記者発表に今年上半期ブレイク芸人No.1のどぶろっくが登壇、水滸伝をテーマに歌ネタを披露した。

 水滸伝をより多くに人たちに親しんでもらうために歌ネタを依頼されたどぶろっくは「普段は女の子にまつわる妄想ネタだが、ドラマの登場人物はほとんどが男性。ドラマの中では描かれないが登場人物が個性的だから、もしかしたら内心はこんなことを考えていたんじゃないかと思って作りました」と森。江口は「普段の妄想ネタは自分が書いているが、水滸伝がテーマですので2人で考えました。普段の妄想ネタは69時間ですが、梁山泊に集う好漢たちは108人だったので108時間かけてネタをつくりました」と下ネタ交じりにコメント。

 そして、梁山泊に集結する好漢たちは“世の中を良くしよう”と「志」を一つにして戦うが、どぶろっくはどんな「志」をもってこの芸能界を戦っていくかとの問いに対して、森は「“もしかしてだけど”を聞いて、恋に積極的になってもらい、たくさんカップルができ、少子化問題に役立てれば」と語り、江口は「高い志を持って、芸能人を抱いてみたいですね」と会場を爆笑させた。

 最後は「水滸伝を見れば男が磨かれるんじゃないの~」と歌い上げ、会場を盛り上げた。

中国歴史ドラマ「水滸伝」
チャンネル銀河 歴史ドラマ サスペンス 日本のうたにて
9月7日(日)後8・00~第1話 先行放送
9月8日(月)後1・00~2話連続 本放送開始

三国志Three Kingdomsの総制作費25億円を上回る、55億円を投じ、全86話しで描かれる壮大な歴史物語。中国内のテレビ賞を総ナメにし、高視聴率でアジア圏を席巻。レッドクリフの規模を遥かに超えたと話題を集め、アジア市場規格外のスケールで実現した21世紀最高のエンタテイメント大作に仕上がっている。

■ストーリー
舞台は今から1000年前、汚職官吏や不正がはびこる北宋の時代。様々な事情で世間からはじき出された男たちが“梁山泊”と呼ばれる自然の要塞に集結し、やがて志を胸に「悪徳官吏を打倒し国を救う」事を目指す。

公式サイト(http://www.ch-ginga.jp/special/suikoden.html

(C)2012水滸伝

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える