• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「ミンナダイスキ!」オーランド・ブルームが7年ぶりに来日!

 7年ぶりの来日となるオーランド・ブルームが、新作映画「ケープタウン」の会見に登場した。

「日本に帰ってこられてうれしいです。日本が大好きで、日本食や日本の文化を楽しみたい」と語るオーランドは、来日後、早速、原宿や渋谷で日本文化を満喫していたよう。

 本作については「主人公・ブライアンのキャラクターが出演の決め手でした。自堕落なところもありますが、間違っていない価値観を持っている。初めて演じるタイプのキャラクターだったので、エキサイティングでした」とキャラクターに惚れ込みオファーを受けたと告白。

 会見の終盤には、ゲストとして佐々木希が登場し、大きな花束をオーランドにプレゼントする場面も。オーランドの出演映画を度々見ていたと明かした佐々木は「オーラがすごくて…顔も小さくて、映画で見ているのもかっこいいですけど、生で見るとさらにかっこいいですね!」と照れながら語ると、オーランドも笑みを見せた。

  オーランドは、最後に「この映画をご覧になって楽しんでいただければと思います。自分も演じていてすばらしい経験をしました。応援し続けてくれてありがとうございます。ミンナダイスキ!」とファンに向けてメッセージを送った。

 映画「ケープタウン」は、8月30日(土)より、新宿バトル9ほかにて全国ロードショー。

映画「ケープタウン」
8月30日(土)新宿バトル9ほかにて全国ロードショー

■ストーリー
南アフリカ・ケープタウンで人気の元ラグビー選手の娘が殺された。2人の刑事、ブライアン(オーランド・ブルーム)とアリ(フォレスト・ウィテカー)が少女の事件当夜の足取りをたどると、ある薬物の売人と会っていたことが分かる。その薬物は、頻繁に起こる「児童失踪事件」の現場にも残されていたものだった。

公式サイト(http://capetown-movie.com/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える