• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

能年玲奈&三代目JSB登坂広臣、2人そろって「親バカです(笑)」

 8月16日(土)に公開され、早くも興行収入10億円を突破、2014年恋愛映画第1位を記録した、映画「ホットロード」の大ヒット御礼舞台あいさつが8月31日(日)に行われ、主演の能年玲奈、登坂広臣、三木孝浩監督が登壇した。

 大ヒット御礼舞台あいさつということで「今日は足を運んでくださってありがとうございます。観てくださる方がいて作品が存在できるので、本当に喜ばしいことだと思います。こうしてみなさんとお会いできる場を設けることができて、本当にうれしいです」(能年)、「昨日もNightsと獏統の男性陣メンバーで舞台あいさつをしまして、ワイワイ楽しんでお話をさせていただいたんですけど、こうやって何回もお会いできるということは皆さんのおかげだと思いますので、本当にありがたく思っています」(登坂)と、それぞれ感謝の言葉を話した。

 本作が初演技となった登坂が「三木監督に指導やサポートをしていただき、能年さんをはじめ、キャストの皆さんにも支えていただきながらやることができたので、こうして観てくださる皆さんを含め、感謝しています」と話すと、三木監督からは「ずるいですよね(笑)。もうちょっとオラオラな感じでいてくれたほうが…ちょっと隙がなさすぎなんですよ」との言葉が。それに対し登坂は「何でしょうね。上の教育なんでしょうかね(笑)」と笑顔を見せた。

「ホットロード」が映画化され、主人公を演じるに当たっての周りの反応を聞かれると、能年は「お母さんがすごくビックリしていました。当時ホットロード世代で原作を読んでいたみたいなので、かなり衝撃だったようで…。最初はイメージが全然違うな~って言われたんですけど、観てくれて、すごくよかったって言ってくれたので安心しました」と話し、「なんか何回も足を運んでくれているみたいで…親バカです(笑)」と恥ずかしそうに母親とのエピソードを語った。

 登坂も「うちも両親が観に行ったみたいで、すごくよかったよと連絡をもらいました。珍しく褒めてくれて…親バカですね(笑)」と照れ笑い。両親が登坂の演技を見るのはお遊戯会以来だそうで「僕、幼稚園のお遊戯会でちょんまげみたいのをつけて、“サムライD”みたいのをやったんですよ。セリフもひと言くらいしかなかったので、だいぶセリフも増えましたね(笑)。“なんとかでござる”くらいしか言ってなかったと思うんで(笑)」と自身の幼少期を振り返った。

 また、2回目、3回目を観る方に注目して欲しいポイントを聞かれた能年が「青春の映画だと思っているので、そこが響いていただけたら、次はさらに共鳴していただけたらいいなと思います。フラフラっと劇場に足を運んでもらえたら(笑)」と話すと、会場からは笑いが起こった。

 映画「ホットロード」は全国大ヒット公開中。

映画「ホットロード」公式サイト(http://hotroad-movie.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える