• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

山下智久“史上最強のツンデレ”役に「すごい気持ちよかった」

 映画「近キョリ恋愛」の完成披露舞台あいさつが9月1日(月)に行われ、主演の山下智久、小松菜奈、水川あさみ、小瀧望(ジャニーズWEST)、山本美月が登壇した。

 3年ぶりの映画主演となる山下は「僕にとって初めての純愛ラブストーリー映画なので、ぜひ皆さんに観ていただけるとうれしいです」と話し、小瀧は「今日はこのキュンキュンする最高なラブストーリーを多くの方に観ていただこうと思って、頑張ってしゃべりますのでよろしくお願いします」と意気込みを語った。

 史上最強のツンデレ教師・櫻井ハルカを演じた山下は「すごい気持ちよかったです」と笑顔で話し、「最初、本読みのときとかはちょっと恥ずかしいなと思ったんですけど、普段あまり人に強く言ったりすることがないので、役をとおしてですけど、ガンガンツンデレの“ツン”の部分をやらせてもらって、途中からすごく気持ちよくなって、楽しく演じさせていただきました」と撮影を振り返った。

 山下の印象を聞かれた小松が「静かでした。もっとイェーイって感じなのかと思ってたんですけど、人見知りらしくて。お互い人見知りだってことが分かりました」と話すと、山下が「俺の印象それだけですか?」とツッコむ場面も。また、小瀧が「そこからどう変わっていったんですか?」と小松に問うも「静かなのは変わらないですかね(笑)」と。

 また、ジャニーズの後輩でもある小瀧に対し「18歳に見えないくらいの落ち着きがあってびっくりしました。自分が18歳のときは実のところ、チャラかったです(笑)。こんなに落ち着いてなくて、キャピキャピしてました」と話すと、小瀧は「山下君は後輩にもすごく優しい方。番号も山下君から聞いてくれて交換しました」と話し、山下に「ごはん連れてってください」とお願いすると、山下は「行きましょう」と笑顔でOKし、小瀧が大喜びする場面も。

 さらに、山下が「俺はお前のことを絶対に逃がさないから覚悟しとけよ」と、劇中さながらのツンデレワードを生披露すると、会場は黄色い歓声につつまれた。

 映画「近キョリ恋愛」は10月11日(土)全国ロードショー。

映画「近キョリ恋愛」
出演:山下智久、小松菜奈
水川あさみ、小瀧望(ジャニーズWEST)、佐野和真、古畑星夏、山本美月、新井浩文
監督:熊澤尚人 脚本:まなべゆきこ
配給:東宝映像事業部
(C)「近キョリ恋愛」製作委員会 (C)みきもと凛/講談社

公式サイト(http://kinkyori-movie.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える