• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2014」閉幕!2日目レポート

 音楽専門チャンネル「SPACE SHOWER TV」が主催する野外ライブイベント「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2014」が今年は開局25周年を記念し、“山梨県・山中湖交流プラザきらら”にて8月29日~31日の3日間開催された。

 30日は「赤色のグリッター」が務めたオープニングアクトを皮切りに、本編はLAKESIDE STAGEで行われた「SiM」のライブからスタート。3回目の参加にして、念願だったSLS最大のLAKESIDE STAGEに立つことが出来たSiMは「去年、Mt.FUJI STAGEで『もっと大きいところでやりたい』って言ったら、ようやくこのステージに出してもらえました! みんなも夢はでっかく!」と熱く訴えた。そしてこのステージで歌いたかったという曲「Same Sky」を歌いあげると、ファンも一体となって拍手を送った。

 Mt.FUJI STAGEのトップに登場したのは「coldrain」。ボーカルのMasatoは冒頭から熱がこもった歌声とパフォーマンスで「かかってこい!」と観客を圧倒・挑発し、新曲「Aware And Awake」を披露。すると、あっという間にオーディエンスの心を惹きつけ、モッシュが発生して大きな盛り上がりを見せた。

「the telephones」はボーカルギターの石毛輝の「どうもー。晴れバンドのthe telephonesでーす!」のせりふで登場。ステージでは新曲から「Monkey Discooooooo」、「Keep Your DISCO!!!」といったディスコチューンの流れに観客も開始早々ハイテンションになり、後方にいるファンまでも全員がラストまで踊り続けていた。さらに石毛は昨日のSLS出演を最後に解散を発表していた「andymori」のライブを見ていたと語り「やっぱり音楽っていいなって思いました。でも聞いているだけじゃダメで、自分たちも作っていかないといけない」と音楽への思いを語った。

 2年ぶりの出演となった「Dragon Ash」は、サポートベースにKenKenを迎えて登場。「Fantasista」が流れ始めると会場は熱気にあふれ、穏やかなナンバー「Life goes on」と続く中、「百合の咲く場所で」では観客による巨大なサークルが発生。それを見たボーカルのKjは「こんなでっけーサークル初めて見たかもしれない」と感激した様子で語り、「夏フェスはバンドのもんじゃない。ロック好きのお前らのもんだ!」と叫んだ。

 15時近くのMt.FUJI STAGEに登場した「くるり」。ボーカルの岸田繁が「おはよう。みんな元気?バンドのメンバーも元気?それじゃあ元気よく行ってみようか」とゆるい空気感で「ハヴェルカ」を演奏スタート。また、岸田は「SLSって何回か出させてもらってますが、晴れてるのは初めてで大変気分がいいです。くるりは雨の曲が多いですけど、今日は雨の曲はやりません!代わりに晴れ渡るような新曲を」と9月17日(水)発売のアルバムに収録される新曲「Liberty&Gravity」を披露。

 曲の合間、岸田が唐突に「さっき山中湖で浮いてる人を見てんけど、見た人おる?」と謎の問いかけにファンも首をひねるが、「足からジェット噴射みたいなのが出てて…」と続け、恐らくフライボードのようなものだと判明。「来年はあれやな」とつぶやいていた。

 30日では唯一、WATERFRONT STAGEでライブを披露した青葉市子。山中湖を背に、水上に建てられたウッドデッキのステージで「レースのむこう」を歌い始める。すると、そののびやかな歌声にカヌーに乗った人々がステージ下に集まってくるというひと幕も。集まったカヌーに手を振ったりしつつ、「富士山がきれいですな」と自然に囲まれたステージを楽しんでいる様子だった。最後には「絶対間違いそう」と照れ笑いしながらも、明るいメロディーの新曲「なつばくだんふゆだるま」を軽やかに歌い終えた。

 夕刻のLAKESIDE STAGEに現れた岡村靖幸は、新曲「愛はおしゃれじゃない」からライブをスタート。ステージの端から端まで動き回り、キレのあるダンスパフォーマンスを見せつけていた。また、最後には人気曲「だいすき」を観客も巻き込んで大合唱。ファンの全力のレスポンスに岡村も「いいね、最高!」と満足げな表情を見せた。

 すっかり日が落ち、幻想的な照明に彩られたMt.FUJI STAGE最後の出演者は山下達郎。「SPARKLE」「ピンク・シャドウ」と山下の名曲が続く中、妻・竹内まりやがサプライズで登場し、「プラスティック・ラブ」を2人のデュエットで披露したほか、他の曲にもコーラスで参加するといううれしい演出も。

 最後に「このSLSが終わると夏が終わります。来年の夏も皆さんにとっていい季節でありますように」と「さよなら夏の日」を歌い上げ、幕を下した。

 そして2日目のトリを飾ったのは「MAN WITH A MISSION」。火柱が噴き上がるステージで激しいパフォーマンスを繰り広げる。「higher」や「Get Off My Way」で観客のテンションを最高値まで高めると「今日はオオカミがもう1匹増えることになりそう。かなり凶暴なオオカミだけど、やれんのか?!」と紹介すると、オオカミの仮面をかぶったDragon AshのKjがステージに登場。「Smells Like Teen Sprit」を迫力のセッションで披露し、会場を一体化した。

 30日には、ほかにも怒髪天やTHE BAWDIES、go!go!vanillas、indigo la End、[Alexandros]、THE ORAL CIGARETTES、Fear, and Loathing in Las Vegas、YOUR SONG IS GOODらが登場し、各ステージを盛り上げた。

 今回の「SPACE SHOWER TV 25TH ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER 2014」の模様は同局にて10月17日(金)~19日(日)後8・00~11・00放送予定。

「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2014」公式サイト(http://www.sweetloveshower.com/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える