• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

バカリズム脚本ドラマで竹野内豊が過去へ誘うタクシー運転手に

 フジテレビ系で10月からスタートするドラマ『素敵な選TAXI』(毎週火曜 後10・00)で竹野内豊が主演を務めることが発表された。

 ドラマ主演が2年ぶりとなる竹野内が演じるのは、乗客が望む過去の時点まで連れて行くことができる不思議な乗り物“選TAXI”の運転手・枝分(えだわかれ)。ひょうひょうとした口調とクールな外見に似合わずおせっかいで話し好きな枝分は、人生の選択に失敗し嘆く乗客の心を読み取りさまざまなアドバイスを送っていく。皮肉っぽい発言もするが根底には「乗客が過去をやり直す手助けをしたい」という気持ちがあり、そのギャップもまた憎めないキャラクターとなっている。

 さらに注目なのは、連続ドラマは初挑戦のバカリズムが脚本を描き下ろす1話完結型で描いていくストーリーだ。小気味良いテンポ感で繰り広げられる会話劇や、“過去に戻れる”という非現実的な展開の中にもリアルさを感じさせる物語は「テレビをほとんど見ないでネタばかり書いている」というバカリズムならではの面白さがつまっている。

 バカリズム作品のファンという竹野内は「以前、バカリズムさんが脚本をされた『来世不動産』を拝見した時に独特な世界観が面白くて、いつかご一緒出来るチャンスがあったらいいなと思っていました。まさかこんなに早くお話しがいただけるとは思っていなかったのでとてもうれしいです。一話の台本を読ませていただきましたが、やはりバカリズムさんならではの生きた会話劇と自由な発想力、これが映像化したらどんな感じになるのか興味津々です。視聴者の皆さん以上に私自身が非常に楽しみです」と完成を早くも楽しみにしている様子だ。

 一方のバカリズムは「オファーをいただいた時は『何で僕に…』とびっくりしました。1時間ドラマの脚本も経験したことがないし大変さも想像がつかないけれど、逆にそれがおもしろそうと思ってやらせていただくことになりました。非現実な話にしたいと思い、身近な乗り物であるタクシーで過去に戻る設定にしまして、さらに竹野内さんみたいにかっこよくて寡黙なイメージ、だけど意外とフレンドリーに話しかけてくるタクシー運転手がいたら面白いと考えて、枝分というキャラクターを作りました。僕自身連続ドラマの脚本は初めてですし、これまでずっと書いてきたコントの延長線上で脚本を書いていますので、あまり見たことがないドラマになると思います」とコメントした。

 また、バカリズムは枝分が行きつけのカフェ・choiceの店長役として劇中でも竹野内と共演。取材陣にそのことを聞かれると「決して脚本家という立場を利用したわけではないことは、声を大にして言っておきます!(笑)」と話し、笑いを誘っていた。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える