• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

芸能生活20周年記念特番!山口智充が八丈島の「魅力」を伝える

 関西テレビでは9月6日(土)、「山口智充芸能生活20周年 空とギターとぐっさんと~島の数だけ唄になる~」(後3・55)を放送する。

 同番組は、芸人、俳優、声優、ミュージシャンと多彩な才能を持ち活躍する山口智充の芸能生活20周年を記念してつくられたもの。

 島をこよなく愛する山口が八丈島を訪れ、人々の人情や食、文化などを触れるほか島の生活を自ら体験。最後は島で感じたものを取り入れたオリジナルの歌を製作し、島の人々へプレゼントする。

 ロケを終えた山口は「八丈島は初めてでしたが、絶対にまた行きます!それくらい大好きな島になりました!」とコメント。

 芸能生活20周年という節目に「通過点ですね。僕はサラリーマン経験者ですが、一番続いている仕事なんです(笑)」と振り返り「20年経ってできたことよりも、やれてないことややりたいことの方が、もっともっとあるっていう。それがこれからも前を向いて行ける理由なのかなと思います」と芸能界に魅せられる理由を明かした。

 また、これから先について「こういうことできたらいいなという若手の時に抱いていた理想が現実に、けっこう濃く照準があってくる時期でもありますね。それがまた可能性につながるんですけど。やりたいんだといったことがびっくりするような力となって現実化したりとか。だから、それを大事にしていきたいですね」と。

 そして「海が好き、太陽が好き!空が好き!唄が好き!そして人が好き!な山口智充を感じていただけるとありがたいです!」と番組の見どころをアピールした。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える