• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「RockCorps」ライブイベントでMay J.、flumpool、コブクロ、NE-YOが夢の共演

May J.

「RockCorps(ロックコープス)supported by JT」の144回目となる最後のボランティアイベントと、プロジェクトを締めくくるライブイベント“Celebration”(セレブレーション)が9月6日に福島県福島市にて行われた。

「RockCorps」は音楽の力を使って“企業”と“地域社会”と“人々”を結びつけ、「楽しみながら、気軽に参加できる社会貢献の形」を提案し、人々の社会貢献活動への参加を推進する2003年からアメリカで始まった新しい社会貢献の取り組み。参加者はボランティアを4時間行うことでコンサートチケットを入手することができ、過去にはレディー・ガガ、リアーナ、マルーン5など数多くの有名アーティストが出演してきた。「RockCorps」では、出演アーティストもボランティアイベントに積極的に参加し、コンサート本番を迎える。

 日本およびアジアで始めての開催となる「RockCorps supported by JT」では、東日本大震災の復興支援を目的に、4000人のボランティアによる、のべ1万6000時間のボランティア活動の創出を目指し、4月から約4か月にわたって総計144回のボランティアイベントを行った。

 その締めくくりとなった福島市の仮設住宅にて行われたボランティアイベントには、グラミー賞受賞アーティストNE-YOがサプライズで参加。ボランティア参加者たちからは驚きと喜びの声が沸きあがり、NE-YOは「RockCorpsに参加できることに感謝しています。また皆さんが笑顔を取り戻せるきっかけになればうれしいです」とコメントした。

 NE-YOは仮設住宅内の老朽化したベンチの修繕作業に参加。ボランティア参加者と積極的にコミュニケーションを取りながら作業に熱心に取り組み、終了後は「自分は皆さんと同じ経験をしていないが、応援したいという気持ちを歌とダンスでお伝えしたいです」とライブに向けて意気込みを語った。

 同日夕方から開催された「RockCorps supported by JT」を締めくくるライブイベント“Celebration”では、レディー・ガガからサプライズビデオメッセージが。「RockCorps JAPANのボランティアの皆さん、おめでとう。ここにいるあなたたちは、震災復興のために力を合わせて、愛を必要としている人たちをサポートしたのよね。自分たちのことを誇りに思うべきよ。ショーを思う存分楽しんでね。愛してるわ。レディー・ガガでした!」というメッセージを聞くと、会場は大歓声に包まれた。

 ライブのトップを飾ったのはMay J.。大きな話題を呼んだ「Let it Go」を歌う際には、自身の経験と重ねて「頑張り続けて、踏ん張り続けていれば、必ず誰かが見てくれている」と語り、被災地の人たちに熱いエールを送った。

 次に登場したflumpoolのボーカル山村隆太は「すごくいい経験になりました。ボランティアを通じてみんな、仲間や思い出を作ってきたと思いますが、最後にこのセレブレーションで最高の思い出を作りましょう”」と呼びかけた。

 続いて、コブクロが登場し、東北復興支援のために制作した楽曲「焚き火の様な歌」を披露。小渕健太郎が「皆さんが参加されたこのボランティアは、一人でやったら膨大な時間がかかると思うのですが、みんなが一つになってボランティアをすることで復興に大きな力を注ぎ、一つの復興がかないます。たとえ一つひとつは小さくても焚き火の枝が集まることで大きな火になるように、みんなで前向きになってほしいという想いを込めました」と伝えると、会場から「ありがとう!」という感謝の声が上がり、大きな拍手に包まれた。

 ラストバッターは海外から参加した唯一のアーティストNE-YO。日本でも大ヒットを記録した「So Sick」や「Let’s Go」には約4000人の観客も大興奮。ライブ終盤には、NE-YOが「I LOVE JAPAN!I LOVE FUKUSHIMA!アイシテル!!」と叫び、アジア初、日本初開催の「RockCorps」を締めくくった。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える